2010年03月09日

アバター

先日、話題の3D映画「アバター」を見てきました

専用の眼鏡はかけるんですが、昔の赤・青眼鏡ではないんですねあまり目は疲れませんでした。

立体的に見えるのですが、やはりまだ2Dを重ねたような感じ。映画が進むにつれ目が慣れて、これって3Dかな?とわからなくなることも。
まだまだ進化しそうです。

3Dは臨場感があるので迫力のある映像はもちろん、海や草原の穏やかな映像にも癒し効果が発揮されてぴったりだと思います。

将来、たくさんの分野の映画が3D化が進むのが楽しみです。

askulryoko at 15:08│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔