本社 江東オフィス(東京ベイ有明オフィス)

2018年08月21日

長蛇の列覚悟!フレンチトーストファクトリー

長蛇の列覚悟のカフェ『フレンチ・トースト・ファクトリー』はご存知でしょうか。
現在では下記の3店舗のみのお店のようですが、

■ヨドバシAkiba店
〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba8F

■亀有店
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3丁目49番3号 アリオ亀有内 3F

■武蔵小杉店
〒211-0004 神奈川県 川崎市中原区新丸子東3-1135 グランツリー武蔵小杉内

今回は武蔵小杉店に行って参りました。
週末のお昼頃ということもあってか、長蛇の列…!
携帯電話で呼び出してくれるため待っている間は買い物が出来るので
待ちぼうけすることはありませんが、前に11組待っていて1時間ほどで呼び出されました。

丸形の厚切りパンで焼き上げた”世界一の幸福感”を味わえる
フレンチトースト専門店。として人気のようなのですが、
今回は『パンケーキ』に挑戦してしまいました。

ryoko6




























ふわっふわそのものでとても濃厚でした。

“生地にたっぷりのメレンゲを使用し"未体験のフワフワ食感を
実現したスイーツパンケーキに、
全粒粉を使いもちもちとした香り高い生地に仕上げたミールパンケーキ。
スイーツとしても、お食事としても、様々なシーンでお愉しみいただけます。”とのこと。

お料理の方も気になったので注文してみましたが、
ryoko5

こちらもとってもおいしかったです。
とろとろのたっぷりチーズと自家製ハンバーグ、スパイシーなカレーが病み付きな味わいな
ハンバーグカレードリアは男性陣に人気だったようで
子連れのお父様達に食べられていたようです。

THE FRENCH TOAST FACTORY
http://www.french-toast-factory.jp/


askulryoko at 17:53|PermalinkComments(0)

2018年08月14日

(美味しい)白いカレーうどん!?

人気蕎麦ダイニング「初代」の姉妹店として2012年にオープンしたうどん屋「路じ」。
「路じ」という名前のお店だけに、わかりにくい路地にひっそりと佇んでいるこのお店。
JR南武線武蔵溝ノ口駅から徒歩3分、溝の口の商店街から横にのびる先、
銀行の真横にお店があります。
注意していないと見落としてしまいそうです。

ryo

驚異の「白い」カレーうどんが食べれる、そして美味しい!!ということで
溝の口へ行って参りました。
周りのお店に比べ、品があって落ち着いている、そしてキレイなのがまずとても好印象。

ryoko3

とにかく「白い」カレーうどんって一体どんなうどんなのかと思い、注文してみると。
ryoko5

本当に真っ白。
実はじゃがいものムースだそうで、スペインの調理技術のエスプーマを使用しているとのこと。
中には一般的なカレーうどんが隠れていました。
よく混ぜて食べることでカレーがとろとろ、クリーミーな味になります。
ryoko4




























ただ、甘かったり、不思議な味のような印象ではなく、
コクがあるカレーうどんという感じでした。
人気メニューということもあり、お店も混んでいましたが、カレーうどんを頼まれている方が多数。
とてもおいしかったです。

「路じ」は定休日もなく年中無休で、深夜まで営業しるとのこと。
メニューも豊富にあり、お酒も各種揃っていましたので多くの方が居酒屋としても利用していました。

【路じ】
住所  神奈川県川崎市高津区溝口1-11-7 1F
東急田園都市線、大井町線溝の口駅、JR南武線 武蔵溝ノ口駅 徒歩3分
044-811-6644

ちなみに、恵比寿にある姉妹店「初代」でも白いカレーうどんは食べられますのでぜひ!

askulryoko at 11:56|PermalinkComments(0)

2018年07月31日

ハワイアンガーデンプール

夏といえば、ここ数年ブームとなっているのが「ナイトプール」!

都内及び関東のホテルが夜間のプールエリアを開放し
お酒や音楽を味わえる所も数多い、‟大人が楽しめるプール”。
今回は大人なムードがおしゃれと人気の「ヒルトン東京ベイ」へ。
IMG_6491

ここは“大人用”をあえて歌っているわけではありませんが
ハワイアンですてきなムードに飾られ、プールサイドで食事も楽しめるため
大人も十分に楽しめるプールでした。
ディズニーのホテルでもあるため、家族連れも多く、
いわゆるシティホテルで開催されているナイトプールとは違った落ち着いた雰囲気でした。

お昼の家族連れの賑やかな雰囲気から、
17時半以降になるとガラッと変わっておしゃれな“ガーデン”風に。
IMG_6542

周りのライトアップもギラギラとしたカラフルなものではなく、
オレンジの品のあるライトで落ち着いていました。
ムードもあって、プールサイドでお酒を楽しむ大人の姿も。

IMG_6524

ハワイアンをテーマに、BBQが出来たり、限定期間には音楽・ダンスも楽しめる
「スペシャルナイト」も開催されるようです。
美味しい食事と落ち着いたリゾート感の中、
大人な贅沢な夏を楽しむならぜひ訪れてみてもよいかもしれません。


askulryoko at 21:49|PermalinkComments(0)

2018年07月24日

日比谷オクトーバーフェスト2018

少し前にはなりますが、日比谷で開催されていた
【オクトーバーフェスト2018】へ行ってまいりました!
IMG_6413



日比谷公園の噴水広場で大勢が集まる毎年人気のイベントです
ドイツのビールをそれぞれのロゴが入ったドイツのグラスで提供され、
ビールの本場の味を堪能できます。

お酒好きの方が暑い空の下でお昼過ぎから夜まで盛り上がって満喫しているよう。
興味本位でドイツ本場のビールを味わってみました。
IMG_6414


飲み比べセットもあるのでお気に入りの1杯を見つけられるかもしれません。
ビールに合わせてとってもジューシーなドイツのソーセージも食べられますし、
夜にはライブイベントなどもあり、非日常な時間を楽しめます。
IMG_6416


実はこのオクトーバーフェスト、
1810年、当時の皇太子ルードヴィヒとザクセン皇女の結婚式を
ミュンヘン市民が祝ったことがきっかけで
毎年ドイツのバイエルン州ミュンヘン市で開催されているイベントなのだそう。

現在では世界で最も規模が大きいお祭りとして、
ミュンヘン市内の6つの醸造会社が運営する
とても回りきれない広大な会場で多くのビールが飲み交わされるそう。
ちなみに昨年は、600万人もの来場者によって、
700万リットルものをビールが消費されたとのこと。さすがです。

日本各地でも行われるようになったオクトーバーフェスト、
日比谷、横浜、お台場、仙台など多くの人を集めてさらに規模を拡大しているそうです。
このイベントをきっかけにドイツ文化に触れ、
異文化交流を深めてほしいという運営側の意図のように、
日本でも本場ドイツのビール、ソーセージを通して、
暑い夏を楽しく乗り越えられるといいなと感じたイベントでした!

askulryoko at 19:27|PermalinkComments(0)

2018年07月17日

大賑わいの二子玉川ビアガーデン

3連休、みなさんどのようにお過ごしになられたのでしょうか。

40度近い気温の中でも都内ではSALE等で賑わっていたようですが、
人気のスポット二子玉川ではビアガーデンが開催されて
若者や家族ずれで栄えていました。

その名も 「PREMIUM Beer Terrace by the beach」
映画館のある109シネマの下にあり、楽天のビルの目の前にある広場で
大きく広がるビアガーデンプレイスがあります。

hutako

既にここ数年人気のイベントとなり、夏の風物詩となったビアガーデン。
昨年の“緑の楽園”から様変わりし、
今年はスペイン・マヨルカ島の風を感じるビーチスタイルとして開催中です。
hutakoko

スパイスの効いたシーフードを手づかみで豪快に食べる「BBQ ケイジャンシーフード」をはじめ、
スペイン王室御用達グルメストア「マヨルカ(Mallorca)」特製のフードや、
フルーツと「ザ・プレミアム・モルツ」を合わせた二子玉川ライズ限定のカクテルもあるそう。
しかも、ハンモックスペースもあるので、子供から大人まで楽しめるのが嬉しいポイントです。
hutako2

しかも、今では毎週金曜の夕方には音楽ライブを開催されており、
ちょっとだけ大人なパーティを楽しめます。
9月まで開催しておりますのでぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【期間】6月7日(木)〜9月9日(日)
    平日 17:00〜22:00 土日祝11:00〜22:00
    ※天候により、営業を休止する場合があります。

【場所】二子玉川ライズ 中央広場

【主催】二子玉川ライズ
http://www.rise.sc/


askulryoko at 18:40|PermalinkComments(0)

2018年07月03日

多治見のゆったりした街へ

先日、普段なかなか訪れる機会のない岐阜のある街に足を運びました。
多治見市というところなのですが、なかなかのどかな町です。

多治見市(たじみし)とは、岐阜県南部に位置する市なのですが、
今回は、知り合いのお使いでそんな多治見にある陶芸品を売る企業へ。

都会から離れたゆったりとした街の雰囲気が落ち着いていたのでブログに書きます。

ぶ

実は、多治見市は美濃焼の産地として知られており、
市内には由緒ある窯元や陶磁器に関する美術館、資料館、ギャラリーも多い街です。
多治見市自体はかなり落ち着いた静かな場所ですが、
名古屋市の中心部まで電車で約30分と、都会までも近く、利便性もあります。

今回訪れたこの企業様も東京都内に本社を構える会社で、陶芸界でも名の知れた会社です。
ろ

37℃以上を記録した日数が日本で最多となるような年もあり、
「日本一暑い町」として観光誘致活動を行っているほどの街ですが、
まだ訪れたときはからっとした空気でした。

ぐ

とにかく自然がたっぷりで、歩いているだけでカエルの声がうるさいと思うほど。
ただ、嬉しいのは熱帯夜にならないこと。
盆地が多いからなのか、風が涼しく、地方ならではの心地よさです。

時にはこんな落ち着いた旅もいいかもしれません。


askulryoko at 17:56|PermalinkComments(0)

2018年06月26日

“マクロビオティック”体験

皆さん「マクロビオティック」ってご存知でしょうか。

グルテンフリー、ベジタリアン、ヴィーガン等、
美容のため、治療の為、アレルギーの為、など理由は様々ですが、
いずれも健康の為に一定の種類の食べ物を食べないという食事法です。
3
今回、挑戦した「マクロビオティック」もその一種で、
玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、
独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法
です。
肉、魚類、乳製品、卵の動物性の食材を使用しないことを原則としています。
トマトの低温焼とフルーツ野菜の盛り合わせがとてもおしゃれでした!

ちなみにベジタリアンは
「動物性食品を避け、穀物、豆類、種実類、野菜、果物を中心に摂る食事」を指し、
ベジタリアンの一部としてヴィーガンが含まれます。
動物肉(牛肉・豚肉・鶏肉など)・魚介類を食べる人々はベジタリアンとはされず、
卵、乳製品、蜂蜜を食べるかどうかによって、ベジタリアンかヴィーガンの分別がされているそう。

今回は、なんと東大駒場リサーチキャンパス内にある
レストラン「ape cucina naturale (アーペ クチーナ ナチュラーレ)」へ。
あ

コンセプトは「身体のバランスを整える美しい食事」。
美しい食事とは、ダイエット、アンチエイジング、美肌という美容的な側面はもとより、
質の高い食材を栄養バランス良く摂る事によって、
日々の健康維持に効果的な食事ということで、マクロビオティックコースを堪能しました。
1
有機野菜の盛り合わせ、お肉を使わないのでステーキに見えるものも
お野菜をつかったメニューでした。

キャンパス内という珍しいレストランですが、
学生よりも近所の方、教授などが来られることが多いということ。
自然をイメージしたレストランの雰囲気がとても落ち着く素敵なお店です。

そして、見た目の綺麗さだけでなく、
満腹感と美味しさは◎、意外でした・・・!
こんなおいしさが自宅でも楽しめるのであれば海外のセレブやモデルが取り入れられるのも納得です。

機会があればぜひ!

住所
東京都目黒区駒場4-6-1 東大駒場リサーチキャンパス生研AN棟1階
最寄り駅東京メトロ千代田線代々木上原駅
小田急線・東北沢駅
京王井の頭線・駒場東大前駅西口

コースリンク:https://restaurant.ikyu.com/103044/plan10606209/?ssmk=0

askulryoko at 19:20|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

贅沢ケーキならここ、「カフェコムサ」

開拓が進み人気の土地となりつつある東急線沿いの駅の一つに「たまプラーザ」という駅があります。

1

実は、この東急百貨店に入っているカフェ「カフェコムサ」には
ほかのケーキ屋さんとは少し違うデザートが楽しめるのでご紹介します。

厳選された旬のフレッシュフルーツをふんだんに使用し、
パティシエがこだわりぬいたというアート感覚あふれるタルトが人気のこのお店。
その季節にしか味わえない希少な「プレミアムフルーツ」を贅沢に盛った
ボリューミーできれいな見た目が人気のタルトが溢れています。

20分ほど並んで、この時期にカフェコムサが自信を持ってオススメしているという
季節限定の新メニューに挑戦しました!

3
「宮崎県新富町産「生ライチ」のケーキ」

国産ライチの3割を生産する宮崎県新富町産の大変希少なライチを使用したケーキです。
マスカルポーネとの相性がとてもよく濃厚な味でした。
海外産が99%を占める中で、わずか1%しかない貴重な果実となっている国産ライチならではの
みずみずしく、夏らしい味がとても人気のようでお昼にはすでに残り一個となっていました。

4

コーヒー、紅茶のほかに “涼のおもてなし”として日本茶も。
京都の宇治茶、福岡県の煎茶、石川県の加賀棒茶など、
洋風な雰囲気のカフェからは新鮮なイメージですが、全国から選りすぐった日本のお茶が多数。


希少性の高いフレッシュフルーツケーキと合わせて上質な日本のお茶を堪能できるカフェです。

カフェコムサ
たまプラーザ店 2階 レディスワールド(喫茶/雑貨 等)
電話番号 045-903-2041
営業時間 10:00〜20:00
公式サイト http://www.cafe-commeca.co.jp/


askulryoko at 14:31|PermalinkComments(0)

2018年06月12日

イベント目白押しのTDL

有明からのアクセスも良く、せっかくなのでと、東京ディズニーリゾートへ。
D1
数々のイベントが開催されていたのでレポート致します。
東京ディズニーリゾートでは2018年6月7日(木)〜7月7日(土)の期間、
6月9日(土)に誕生日を迎えるドナルドダックのバースデー を盛り上げるプログラム、
「ドナルドの“ハッピーバースデー・トゥ・ ミー! ”」を開催していました。

こちらのイベントは初めての試みとのこともあり、
どうやらドナルドファンがたくさん集まっていたよう!
BD




















東京ディズニーランドでは、バースデーパーティーをイメージしたような
デコレーションで賑わっていました。
そのほかにもドナルドの誕生日をより楽しむことができる有料体験プログラム、
一部のアトラクションや他レストランでのバースデー装飾、
グッズやメニューの販売など、ドナルドづくしになっているようです。
東京ディズニーランドの「ドナルドのボート」周辺や
「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」は可愛らしい写真スポットになっていました。
期間中は東京ディズニーシーでもバースデーを盛り上げるお祝いの装飾が施されているとのこと。

尚、ドナルドだけでなく、
2018年4月15日(日)から始まっている35周年イベント
「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」も開催中で、
パレードや装飾も一味違う雰囲気に。

また、限定グッズはなんと合計約250種類もあるそうです!
ちなみに、アトラクションの「イッツ・ア・スモールワールド」も4月からリニューアルされており、
とても可愛らしいつくりになっていました!
DH
長期間で開催しているイベントが多いからなのか、
混雑もそこまで気にならないようですし、ぜひこの機会に覗いてみてはいかがでしょうか。

askulryoko at 15:19|PermalinkComments(0)

2018年06月05日

SHAKE SHACK 新店舗へ

shake
NY発のハンバーガー店「shake shack シェイク シャック」が日本に上陸したのは、2015年。
明治神宮外苑内に1店舗目を開き、今年2月に二子玉川店、東京ドーム店をオープン。
混み具合を落ち着いた頃かと先日足を運んでみました!

burger
1台のホットドッグカートから2001年にニューヨークで始まったハンバーガー店が
世界規模で人気を博したのは、品質の良さだそう。
ハンバーガー=不健康というイメージが否めないけれど、
シェイクシャックではホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のパテを使用したり、
お肉の代わりにきのこを使ったコロッケバーガー風の物まであり、
高品質で安心・安全な食材にこだわっているというのも一口で納得します。

shop1
地球環境に優しく、そして地域コミュニティのサポートも行うなど
レストランの枠組に捉われない活動をしているだけあってか、
店内のデザインや接客にもどこかそういったクリーンな印象があり、
他ブランドとの差別化が好印象でした!

近くにはバーベキュースポットがあり、お店ではアルコールも販売されているため、
ピクニックをするのか持ち帰りをする大人の姿も少なくありません。
二子玉川は家族連れが多いこともあり、
わいわいやるというよりかは店内では静かにファミリーで利用している様子でした。
ハンバーグの単価としては、他のチェーン店に比べて若干お高めですが、
製品の質や全体のバランスを考えると納得です!
小さなお子様も楽しめるようなスペースもあり、
その地その地に合わせたデザイン作りが喜ばれているようです!

定期的に変わる季節のスムージーや、日本限定、店舗限定のデザートもあるようで
飽きないメニューにもこだわっているようですし、
ぜひおすすめです。

SHAKESHACK
http://www.shakeshack.jp/

askulryoko at 13:32|PermalinkComments(0)