東京ベイ有明オフィス(江東区)

2017年09月19日

話題の町、武蔵小杉のグランツリー『グリーンアクアリウム』

大体的な進化を経て、整備された美しい街に億ションが立ち並ぶ高級住宅地、武蔵小杉。
             
日本最大級の不動産サイトSUUMOの調査によると
関東で「住みたい町」ランキング第6位に選ばれ、
2年連続「これから人気が出そうな郊外の街」第1位を誇るほどの注目度だそう。
               
先日、そんな武蔵小杉のショッピングモール「グランツリー」に足を運びました。
メインエントランスから入ると、大きな吹き抜けが迎え、
その迫力といったら目を見張るほどです。
                    
そして、9月13日からそのメインエントランスにて
『グリーンアクアリウム』が臨時イベントとして開催中でしたので行ってきました。
ちょっとしたスペースでして、モール内に開設された小さな川の水族館というイメージです。
IMG_1703
                  
==================================

GREEN AQUARIUMグリーン・アクアリウム
http://www.grand-tree.jp/web/ga/
2017年9月13日(水)〜10月9日(月・祝)
10:00〜21:00(最終入場 20:30)
一般(中学生以上)500円/小学生300円、幼児(小学生未満)無料
※ご入場にはチケットが必要となります

==================================
                    
RYOKO
                       
この展示の面白いところは、
川の魚であることもあってか水槽が低いことです。
魚を横からも上からも見ることができ、水族館とはまた違った視点を楽しむことが出来ます。
IMG_1720
                                                                                                                                                                














            
アクアリウムを作り出す人のことをAQUARIST(アクアリスト)と呼ぶそうで、
欧米を中心に世界中で多くのアクアリストたちが活動しているそうです。
優秀なアクアリスト達は“アート作品”と呼ぶに相応しい、
幻想的でエンターテイメントな水中世界を創造するとのことでしたが、
展示の仕方も一般的な水族館とは異なり幻想的でアートな雰囲気が漂っていました。
IMG_1714
                      
なんだかお洒落な展示模様です。
                                 
                     
IMG_1707

また、こんな生き物も上からも横からも見ることができ、
子供たちの注目を浴びていました。
         
IMG_1719
                    
この『グリーンアクアリム』開催時期中は、
自分だけのアクアリウムを作ることが出来るイベントも開催しているようです。
(日付は限られているので注意して下さいね!)

ガラスの容器に流木や石をレイアウトして小さな自分だけの水槽を作り持ち帰ることが出来ます!
魚やエビも一緒に飼うことができるとのことでお子様にも人気だそうです。
費用:3,000円〜5,000円(税抜)

ぜひ、憧れの町、武蔵小杉に足を運んだら
都心に設置された『グリーンアクアリウム』に感化されてみてはいかがでしょうか。

                


askulryoko at 12:03|PermalinkComments(0)

2017年09月12日

光と音楽のコラボレーション展覧会「チームラボジャングル」

7月から渋谷ヒカリエで開催されていた
渋谷ヒカリエ開業5周年記念企画
「バイトル presents teamLab Jungleと学ぶ!未来の遊園地」
へ開催最終日に行ってきました!

テーマは光のアートと音楽の、超幻想的な空間での参加体験型音楽フェスティバルです。
昼の時間は、親子で楽しむ「チームラボジャングル キッズヌーン」、
夜の時間は、大人のための「チームラボジャングル アートナイト」
で構成されていました。

IMG_1497


















そして今回は大人のための「Art Night(アートナイト)」プログラムに参加をしました。
『共創を楽しむ体験を創りたい』という思いが込められているということもあり、
触ると壁に映し出された光の絵が反応する等、どのアート展示もユニークです。

IMG_1498

また、プロジェクションマッピングが幻想的な入口で
RAIZINオリジナルカクテルをたしなむことができ、
その後いよいよボックスのようなスペースに入場しました。


中では数百人の観客が待機している中で、四方からいくつものライトが音に合わせて点滅し、
ライトとは思えないようなはっきりとした線で会場に3Dの模様を作って魅了していました。
IMG_1502


Light Chordsという作品では、いくつものカラフルなライトが左右で照らし始め、
音楽に合わせて動き始めると会場はクラブのような盛り上がり!


IMG_1515

奏でる図形 / Sound Shapesでは歓声を上げたり、手を伸ばしたり、踊ったりと
アート展示会とは思えない雰囲気です。
そして、なんと次には大玉がいくつも会場に入れ込まれ、
ふわふわと私たち観客の上を飛び跳ねながらそれぞれ音楽に合わせてカラフルに色を変えていました。

IMG_1540

奏でる球体 / teamLabBall - Sound Spheresではトランポリンや太鼓が登場して、
観客が好きに飛び跳ねたり叩いたりとまさに観客みんなが参加していました。

後半には、いくつものミラーボールが天井から出現。

IMG_1553

そして太陽の神輿 / Carry in the Sunでは見たこともないような巨大なミラーボールが姿を現しました。

IMG_1584


あまりの大きさと眩しさに観客も唖然とするほどの圧巻です。
展示会に来ているというよりはクラブイベント会場のように盛り上がっていたこのプログラム。
1時間のプログラムですが、もっと長い時間遊んでいたような感覚になります。

また、遊園地コーナーでは、大人と子供が一緒に楽しめるようなクオリティの高い展示もあり
描いた動物の絵が壁のジャングル映像に映し出され、動き始めたり、
映し出された小人たちを自由に手で触って操ることができたりと、
ライトアップのボックス会場以外でも歓声が上がっていました。


IMG_1632
すでに渋谷では展示会が終了してしまいましたが、
見逃してしまった方も映像をウェブサイトで見ることもできますし、
チームラボの他のイベント情報も確認できるようですので要チェックです!
https://island.team-lab.com/event/



askulryoko at 11:18|PermalinkComments(0)

2017年09月05日

スヌーピーカフェに立ち寄り! 「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!」

六本木駅から徒歩7分、
そこには大きな犬のオブジェがズラッと並んでいるところには
スヌーピーの愛らしい雰囲気が漂っています。

=============
スヌーピーミュージアム
SNOOPY MUSEUM TOKYO
http://www.snoopymuseum.tokyo/
=============

あ
スヌーピーの歴史の紹介や古くからの絵画、またピーナッツグッズがたくさんあるのですが、
今回はひっそり展示会と同じくらい人気のあるピーナッツカフェに行って参りました!


開催が始まってから日が経っていることもあり、
入場までに5分ほどで入ることが出来るのですが、
なんだかカフェが人気のようでそちらの方が列を作っているのです。

カフェ「Cafe Blanket」
施設の外にあるトラックから軽食を購入して、テラスで食べることができる場所もありますし
施設内から入ることができる室内+ビニールテラスでも楽しめます♪
IMG_6671
そして何が人気かというと、
どのメニューもキャラクターにちなんだ仕様になっているところです。

IMG_9806

今回注文したのは、サンドウィッチプレートだったのですが、
なんと犬のフィーダーボウルになっていました!
細かいところまでこだわっていてとてもかわいいのでおすすめです。

アメリカンドック、サンドウィッチ、ポテト、コーヒーにピーナッツバターまでついている
盛りだくさんメニューですが、とくに“ピーナッツバターが美味しい”とSNSでも拡散されているようです。

IMG_9808

4月から始まっていた【開館1周年記念展ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!】が
9月24日で終了し、10月からは特別展に切り替わるようです。

テーマごとに違う展示内容になるようですので、ぜひ9月中にも行ってみて下さい!

特別展「恋ってすばらしい。」
2017年10月7日(土)〜2018年4月8日(日)会期中無休(12月31日〜1月2日をのぞく)
IMG_6673


askulryoko at 17:37|PermalinkComments(0)

2017年08月29日

香嵐渓BBQ

愛知県豊田市足助町にあります「香嵐渓」に行ってきました。
IMG_0033

四季折々に彩られる香嵐渓として有名ですが、
今回は都会の猛暑から離れた避暑地でのバーベキューをしに夏の香嵐渓へ。

IMG_0020
紅葉シーズンは11種類もの楓が見られることで人気のようですが、
夏の季節は眩しいほどの緑に囲まれながらほんのり涼しい自然を堪能しました。

IMG_0030
田舎風建築の8畳のバンガローを借りてBBQ。
すぐそこに巴川が流れており、木陰に隠れながらでも十分に自然を満喫できます。
それに、変わりやすい山の天気によって途中悪天候に見舞われても大丈夫、
バンガローなら室内にいながらもいろりで楽しめます。
しかも食材を注文することができるので足りなくなっても安心です。
(人気の五平餅はとくにおすすめです!)

IMG_0010
それに巴川の水はこんなに暑い季節でもとても冷たく、透き通っていました。
鮎のつかみ取りで有名なのですが、
鮎らしき魚が上からもよく見えるのには感動です。

巴川鮎まつり *巴川漁業協同組合*
http://www.geocities.co.jp/Outdoors/8329/


バンガロー脇にはなんともレトロでおしゃれな車を見つけました。
オープンカーでも暑くないほど、確かに木陰は涼しくて快適です。
IMG_0022


今回は夕方から天気が崩れてしまい、
行くことが出来なかったものの、香嵐渓広場や足利町がすぐそばにあり、
BBQ広場とはまた違った雰囲気を感じられます。
足利町はもともと古い町並みでお土産屋さんが豊富ですが、
夏はさらに出店も増えて夏のお祭りのムードが漂っています。

とても良い雰囲気なのでぜひ足を運んでみて下さい。

**********
足利観光協会
HP : http://asuke.info/
Instagram : https://www.instagram.com/asuke_kankou/





askulryoko at 16:32|PermalinkComments(0)

2017年08月22日

品川グース&アクアパーク

2016年にリニューアルオープンをした【SHINAGAWA GOOS (品川グース)】へ!
2Fには下記4店舗が追加されたそうです。

● T.G.I.Friday'sレストラン&アメリカンバー
● bar segredo〔バー セグレド〕セラーバー
● カジュアル ステーキハウス リブ★ステーキハウス
● ピザ&タパス チーボ★

この日は、ピザ&タパス チーボ★で食事を楽しみました。
デリが2種類とピザを選ぶことができ、飲み物もついたランチセットが1,200円とかなりお得です。
しかも空いていたこともあり、ハンモックの席に案内していただけたので
快適なランチを過ごすことができました。
土日でも空いている様子でしたので、オススメです!

しかも、隣には子供が遊べるようなプレイスペースがあり、
子連れのお母様方にも人気の様子でした。
IMG_0966




















ピザ&タパス チーボ★
営業時間
平 日/ランチ 11:00〜15:00 ディナー 17:30〜24:00(L.O. 23:00)
土日祝/ランチ 11:00〜16:00 ディナー 16:00〜24:00(L.O. 23:00)
     ※日・祝日は23:00まで営業(L.O. 22:00)祝前日を除く
電話番号 03-6277-2629  
その後は、品川プリンスホテルにあるアクアパークへ。
大人も楽しめる雰囲気の水族館になったと聞いていましたが
その通りムードがあり思わず写真を撮りたくなるような今流行りの“インスタ映え”する場所です。
IMG_1005















全面ミラーに囲まれたクラゲゾーンではライトアップされた
数多くのクラゲたちが幻想的な空間を作っています。
IMG_1329















もちろんほかにも人気の生き物もたくさん見ることができますよ。
IMG_1330















進んでいった先には、目玉のザ・スタジアムというイルカのプールがあります。
せっかくなので7月から開催している夜のショー「星花火 〜スターマイン〜」を拝見。
水がかかると注意があった最前列には観客がほとんどおらず、
プールまで1.5mほどの近距離でイルカが泳いでいる姿を見れるので迫力満点です。
そしてほとんど濡れませんでしたのでおススメです。
IMG_1073















ショーに関しても、5頭以上のイルカが盛大にジャンプをするなどとにかくダイナミック。
最後でイルカの魅力にやられてしまい、
お土産ショップではイルカグッズを購入したのは言うまでもありません。

10月後半までナイトショーが開催されているようなので
ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

アクアパーク品川
〒108-8611 東京都港区高輪4−10−30(品川プリンスホテル内)
TEL.03-5421-1111 <音声ガイダンス>
品川駅(高輪口)から徒歩約2分。
http://www.aqua-park.jp/aqua/


askulryoko at 16:10|PermalinkComments(0)

2017年08月15日

横浜クルージング☀

夏真っ盛りのこの時期ですが、
少し前に横浜のクルージングに行ってきました。
横浜にはいくつかクルージングのコースがありますが、
今回は山下公園からMarine Rouge(マリーン ルージュ)に乗船。

IMG_0826


横浜周辺を1時間かけてゆっくり遊船するコースでした。
洋風な船内でケーキを頂きながら眺めを楽しむというシンプルなプランでしたが
全長50m以上の船で揺れも気にならず、
一人2,300円程のお手頃価格の割にとても優雅に過ごせました。

IMG_0836(1)

山下公園を出てからみなとみらい側を通って一周するのですが、
みなとみらいの前を通り、横浜ベイブリッジの下を通過するなど横浜を満喫できるコースになっていました。
また、席の横には大きな窓があるため、こんな感じで外に出なくても景色を十分に眺めることが出来ます。

IMG_0849


この日は快晴でしたので、
せっかくの天気だからということで暑さ覚悟でデッキにも出てみましたが、
風も心地よく、覚悟していたよりも暑くありませんでした。(日焼け対策は必要)

index










また、ケーキプラン以外にもディナーやランチ、ビュッフェコースなどがあり、
そのプランによってもクルージンクコースが異なる為、毎回違うコースを体験することも出来ます。
今なら浴衣で乗船することでお得に楽しめる夏限定のクルージンクプランもあるようですが
一番の人気はサンセットを楽しめる夕方の出港便。
予約も一番取りにくい時間帯のようなので早めの予約をおすすめします!

****************************
横浜クルージング マリーン ルージュ
https://www.yokohama-cruising.jp/index.php?act=cruise&do=course_select&ship_id=001



askulryoko at 14:15|PermalinkComments(0)

2017年08月08日

富士山登山


先日初めて富士山に登りました。
082

普段あまり運動をしないので、登れるかとても不安でしたが、登れました。

061

今回は1番有名な吉田口から登りました。
スケジュールは下記の通りです。

11:00 駐車場到着
12:00 5合目到着、ランチ
13:00 出発
16:30 7合目山小屋到着
17:00 夕食
18:00 就寝
11:30 起床・出発
4:30 山頂登頂
5:00 下山開始
7:30 下山

まず、富士山登山は基本的に5合目から始まります。
その5合目までですが、現在はマイカー規制がされており、ふもとに車を停めて、シャトルバスで5合目に向かう必要があります。

8月の月初という1番混雑している時期ですが、駐車場は余裕があり、お昼前に到着しましたが停めることが出来ました。

バスは15分間隔くらいで出ているので、チケットを購入してバスに乗ります。

駐車場から5合目までは40分ほどです。

5合目は標高2,500メートル。
5合目でバスから降りると既に肌寒いです。

まずは5合目で気圧に体を慣れさせます。
1時間ほど食事を取りながら時間をつぶします。

060

レストランやお土産屋さんなどがたくさんあります。

059

5合目までは登山客のみならず、景色を楽しみにくる人もたくさんでした。

体力を!ということでから揚げ定食。
058

ゆっくり食べて1時間ほどして出発です。

062

ツアー客や外国人の方がたくさんでした。
1年でもっとも混雑しているとのことで、本当に人が多かったです。


最初は緩やか。
065

雲の中で霧が濃く先が見えないことも。
066

067

体を慣らしながら、こまめに休憩を取りながら本当にゆっくり歩を進めました。
069

070

人がたくさんなので、渋滞も。
年配の方もすごく多く、前がゆっくりだとこちらもゆっくりになります。

072

天候に恵まれ、一度も雨が降りませんでした。
073

登山・下山中に1度は雨・風に見舞われると聞いていたので幸運です。

今回は鳥居荘という山小屋に泊まりました。
赤い鳥居が目印です。
076

7合目の、5つ目の山小屋です。
http://toriiso.com/

1泊2食付で1人で土曜だと9000円です。
夕食のカレーはおかわり自由。水はおかわり不可。

その後すぐに寝るのですが、雑魚寝で、隣の方が本当に真横です。
耳栓を持っていくことをおススメします。

うとうと寝ながら、11:30には起床し、山頂に向けて出発です。
すいていればおそらく3時間ほどかと思いますが、本当に混んでいたので、
渋滞がすごく、山頂まで5時間ほどかかりました。

真っ暗なのでヘッドライトは必須です。
また真冬のように寒いので防寒着はどれだけあっても足りないです。

暗くて寒くて空気が薄くて足場が悪くてかなり険しい道なので本当に心が折れそうになります。
何度ももうだめだと思いました。
どれだけ歩いてもなかなかつかず、言葉も無くなり、ひたすら足元を見て歩を進める。

ただ、何とかご来光までに山頂に登頂できました。
081

080


このご来光の瞬間を見ると疲れが吹き飛びました。
初めての富士山でしたが、なるほど、つらくてもまた登りたくなる皆さんの気持ちが分かりました。

まだ登られたことが無い方にもおススメしたいです。

ちなみにフル装備をそろえるのはちょっと・・・という方におすすめ。
登山セット7点のレンタル、山レンタルドットコム
http://www.yamarental.com/

7点セットで、7,980円。
登山の3日前に届き、下山後コンビニから送り返せます。
どれもとても綺麗で、満足のサービスでした。




askulryoko at 10:07|PermalinkComments(0)

2017年08月01日

銀座で懐石〜大志満〜


先日銀座の懐石料理に行ってきました。
http://www.oshima-site.com/tenpo/

大志満と書いて「おおしま」です。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002702/

銀座で懐石となるととても敷居が高いように感じますが、そんなにではありません。

銀座、高輪、お台場、丸の内、新宿、横浜にも店舗があります。
銀座の店舗は地下鉄銀座駅A3・A4出口から直結しています。

お店の雰囲気がとても落ち着いています。
写真 2017-07-24 18 53 21


まずは食前酒の桃酒と豆腐。
写真 2017-07-24 19 04 08

桃のお酒は初めてでしたが、梅酒に似た感覚で少し甘みがありとてもおいしかったです。

お刺身
写真 2017-07-24 19 24 17

南瓜がオブジェとして使われているのですが、
懐石料理、和食はまたイタリアンやフレンチに無い盛り付けが楽しめます。

お椀物は煮物
写真 2017-07-24 19 41 17

味付けがとても上品です。

そしてこの焼き魚がとっても美味でした。
写真 2017-07-24 19 46 24

そうめんも出てきました。
写真 2017-07-24 20 00 28

コーンの炊き込みご飯
写真 2017-07-24 20 11 54

デザートは杏のプリン
写真 2017-07-24 20 43 12

どれも上品で繊細な味付けです。
一つ一つの量が少ないのですが、ゆっくり食べているとやはり満腹になりました。


あまり普段は行かない和食ですがたまにプロの和食を頂くのも良いですね。















askulryoko at 12:40|PermalinkComments(0)

2017年07月25日

日本で一番小さなキャンプ場〜浪漫の森キャンプ場〜

ようやく梅雨も明け、本格的な夏を感じさせる猛暑が続いていますね。

先日連休に、少しでも暑さから逃れようと都心を離れキャンプに出かけました。

訪れたキャンプ場はこちら。
日本一(?)小さなキャンプ場、浪漫の森キャンプ場です。
http://roman-no-mori.la.coocan.jp/

P7166962

山梨県鳴沢村にあります。

木々が生い茂る道を進むと突然開けた場所にこちらのキャンプ場が現れます。
写真 2017-07-15 17 07 07

日本一小さなキャンプ場とうたっているだけあり、こじんまりとしてとてもかわいいキャンプ場でした。
ご夫婦でされていて、センスがとてもいいというかとにかく可愛くておしゃれでした!

ツリーハウスもあります。
P7166966

小さいバージョンの鳥さん用かな?のツリーハウスもありました。
P7166964

キャンプに来た人が集える場所もあります。
P7166963

ハンモックもとてもオシャレ。
P7166967

このハンモックに寝転がると、緑が生い茂る木を見上げる感じで、鳥の鳴き声が聞こえます。
何時間でもこのままでいたいと思える、癒しの空間でした。

高い場所にデッキのようになっています。
P7166960


テントサイトがあり、私たちはいつも通り自前のテントを張りました。
テントのすぐ横にデッキがあるので、キッチンなども設置しやすいです。
P7156913


テントサイトだけではなくトレーラーハウスもあるので、
テントがない方は、食材だけ持ってきても難なくキャンプが出来そうでした。

芝もとてもきれいに整備されていて、とてもきれいで過ごしやすいキャンプ場です。
また、夜は1000円で貸し切り露天風呂を使うこともできます。
時間は30分ですが、とてもきれいなお風呂でした。

まるで温泉に来たかと思わせるような空間でした。

都心から高速を使って2時間くらいなので、
夏の暑さから、そして都会の喧騒から少し逃れるにはちょうどいい距離です。

リピートしたいキャンプ場です。



askulryoko at 09:01|PermalinkComments(0)

2017年07月18日

スパラクーア

先日お休みの日に、東京ドーム横の
スパラクーアへ行ってきました。

お風呂なので、写真は撮ることが出来ませんでしたが、いくつかレポートです。


★スパ(お風呂)★★

営業時間は11:00〜翌9:00なので、
午前9時〜11時だけ清掃でしまっているようです。

露天風呂や内湯(足湯・坐湯・水風呂・サウナ)があります。

パウダールームもとても綺麗で、
メイク落とし・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・
化粧水・乳液・ドライヤーがそろっているので手ぶらで行って問題ありません。


★岩盤浴★
ヒーリングバーデというのがいわゆる岩盤浴のようです。
http://www.laqua.jp/spa_s/healing.html

こちらの営業時間は11:00〜23:30 (最終受付22:30)。
23時半以降は女性専用仮眠スペースとなるようです。


岩盤浴用の着替えと、もうひとつワンピースのような着替えをもらえます。
そちらの方は、休憩所や食事どころで着用するようです。

岩盤浴へ行くときは岩盤浴専用の服の着用が必要です。(専用ウエアレンタル料864円)
そちらに着替え、ヒーリングバーデに向かいます。
高温すぎない(室温40度〜50度)岩盤浴ですので、息苦しくなく割りと長時間過ごせます。

汗をかきすぎたときには『翠爽房』というクールダウンするお部屋もあり、一気に冷却できます。

休憩スペースもありますので、仮眠をとっている人も沢山いました。


★ラウンジ★
ヒーリングバーデ以外にも、
リラックスラウンジ・レディースラウンジという場所があり、休憩できます。

個別のチェアがあり、TV画面がついていてTVを視聴したり、仮眠をとったり、コンセントもあるので充電も出来ます。
こちらは24時間開放されているようです。
終電を逃したときなどにとても便利ですね!


またマッサージやレストランなども充実しています。
http://www.laqua.jp/sparlist

最初にもらえる手首につけるバンドで全て清算が出来るので、キャッシュを持ち歩かなくてもいいのもとても便利です。


★料金★

入館料は大人(18歳以上)2,634円、
小学生以上18歳未満1,836円です。

土日祝日、特定日には休日割増料金が+324円かかります。

深夜1:00〜朝6:00までの間に滞在のお客様には、深夜割増料金が+1,944円かかります。


※ 小学生未満の方は安全管理の都合上入館できません。
※ 18才未満の方は、保護者の方同伴で18:00までのご利用です。
※ 小学生の方は同性の保護者の同伴が必要のようです。

ということもあり、他のスパと比べ、子供が少ない分、落ち着いた雰囲気でした。




感想としては、施設がとても整っていて綺麗でした。
しかし休日に行くと本当に混雑していて、入場規制がかかるほどでした。
岩盤浴は入れずに入り口で順番待ちが出来るほど。
(岩盤浴に行列・・始めての体験でした。)

混雑してくるとドライヤーを使用するのに行列が出来るほどです。

平日はとてもすいているようなので、せっかく行くなら平日の方がおススメです。




askulryoko at 12:03|PermalinkComments(0)