つばめオフィス(福岡)

2018年04月19日

福岡六本松に恐竜よみがえる?!

2017年10月にオープンした福岡市科学館は、中央区六本松の九州大学キャンパス跡地に建てられた複合商業施設「六本松421」にあります。
3月より開催されている特別展『恐竜 DINOSAUR』では、「恐竜の復元」をテーマに模型やロボットで科学的に紹介されています。
図1

入場するや否や、ティラノサウルスの頭骨の迫力に驚かされました。
こんなに恐ろしい歯を持った生き物が存在していたとは信じがたいことです。
IMG_1090

トリケラトプスなどの角竜類の頭骨が展示され、それぞれの特徴が比較されていました。
IMG_1103
IMG_1104

トリケラトプスの実物大の模型は大迫力で、骨格図と見比べることで分かりやすく説明されていました。
IMG_1100
IMG_1101

恐竜ロボットのブラキオサウルスにエサをあげるという体験もできます。
図3
図2
この迫力には泣いてしまう子供も...

IMG_1106

化石と復元された模型を比べたり、触れる展示品などもあり、恐竜を身近に感じることができました。
開催は5月13日(日)までです。


askulryoko at 14:33|PermalinkComments(0)

2018年04月12日

プチハイキング!糸島の立石山へ

立石山は、福岡県糸島市の北西部に位置する標高209mの山。


さくっと登れる山なので、お昼過ぎから糸島へ向かいました。
※低い山ですが、途中は大きな岩がゴロゴロした道もあるので、必ず運動靴を履いて行ってくださいね。


芥屋海水浴場からの登山ルートでは、40分ほどで行けるようですが、 山頂近くの峠まで車で行く簡単ルートだと山頂まで20分程度で行けるそうです。


9月に行われる「サンセットライブ」の会場となるスペースを通りすぎ、いよいよスタート。
道は分かりやすく木の階段などが作られているので安心です。

図1


IMG_8389


山頂に行く途中にも最高の景色が見渡せます。

図2


この景色だけで十分...と少し疲れてきても、諦めてはいけません。
山頂にはもっと素晴らしい絶景が待っています。


IMG_8384


こちらが立石山の山頂にあたる絶景ポイントです!
岩が複数のっかりできた場所に皆さん座って写真をとっていました。


山頂では週末によく遊びにくるという親子グループが仲良く遊んでいました。
足を踏み外してしまうと大惨事の場所ですが、子供たちは慣れた様子で走り回っていました!
(お父さんたちも全く心配していない様子)


IMG_8385


山頂エリアでは少し休憩し、持ってきたお鍋でお湯を沸かしコーヒーを淹れました。
周りの山々を見渡しながら飲むコーヒーは格別!
気軽に登れるので、糸島周遊プランに組み込んでみてはいかかでしょうか?
1時間半程あれば十分楽しめると思います!




askulryoko at 10:36|PermalinkComments(0)

2018年04月05日

佐賀のうなぎ料理専門店

佐賀市内に3店舗を構える「本庄うなぎ屋」は昭和45年の創業以来、地元の方に親しまれる老舗店です。
IMG_8672
高速を下りてすぐの大和バイパス沿いにある北部店に行ってきました。

こちらでは、開いたうなぎに金串を打ち、じっくり焼き上げる瀬田焼きがうまさの秘訣だそうです。
内側まで火が通ることで、やわらかくて美味しいうなぎに仕上がるようです。

まずは素焼きを頂き、口当たりが柔らかい上質なうなぎを味わいました。
IMG_8673

せいろ蒸しが人気のようですが、「佐賀ひつまぶし」のネーミングに惹かれてしまいました。
IMG_8675

おひつのごはんを十文字に分け、一膳目はそのままで頂きます。
創業以来受け継がれているという秘伝のたれがうなぎの外側を香ばしく、中身をしっとり仕上げ、一口ごとに感謝の気持ちがこみ上げました。

二膳目は白ごま、ネギ、のり、わさびの薬味をいれて頂きます。
風味が増し、うなぎの旨味をさらに引き出します。

三膳目は薬味におだしをかけてお茶漬けにして頂きます。
IMG_8676

三回味わえるひつまぶしにして正解でした。
最後はわさび多めのお茶漬けでしめました。

北部店は数年前に移転されたようで、店内もきれいですし、個室もあるのでおもてなしに最適です。

<本庄うなぎ屋 北部店>
住所:佐賀県佐賀市大和町尼寺二本松2979-3
電話:0952-37-7000
営業時間:11:00〜21:30
定休日:第1・第3火曜日


askulryoko at 15:49|PermalinkComments(0)

2018年03月29日

福沢諭吉旧居

大分県中津市には、慶応義塾の創始者である福沢諭吉の暮らした家が残っています。

諭吉が1歳半の時、諭吉の父が急死したため、母子6人で中津に帰ったときに暮らしていた家。


諭吉が19歳ごろまで移り住んだこの平屋の旧居は、現在、見学できるようになっていて、広さは約100平方メートルほどあります。


IMG_8173


IMG_8180

IMG_8179

IMG_8177


誰もが知っている福沢諭吉。
幼少期の逸話や家族の話なども知ることができて、興味深いです。


IMG_8178

IMG_8174


「近所に貧しい女性がいた。諭吉の母親、お順(じゅん)は女性を見かけると忙しくとも施しをした。女性を庭に呼び寄せ、むしろの上に座らせると、頭のしらみを取ってあげた。

諭吉は、石でしらみをつぶす手伝いをした。終わると女性に「しらみを取らせていただき、ありがとう」と声をかけ、ご飯を食べさせていた。」

その石も、庭先に残っています。



諭吉は内職をして家計を助けながら、猛勉強し、やがて上下関係の厳しい封建的な身分制度に反発するようになります。
それが後のベストセラー『学問のすすめ』に通じているそうです。

IMG_8176

IMG_8175

貧しいながらも信念を持ち、過ごした少年時代。
福沢家の旧居は昭和46年、国の史跡に指定されました。





*******************************************************

福沢諭吉旧居

〒871-0088 大分県中津市留守居町586

0979-25-0063

http://fukuzawakyukyo.com/

*******************************************************




askulryoko at 17:04|PermalinkComments(0)

2018年03月22日

人形小路の茶碗蒸し専門店

人形小路(にんぎょうしょうじ)は西日本一の歓楽街といわれる中洲にある酒場通りです。
IMG_0807
テレビドラマ「孤独のグルメ」では松重豊さんが演じる主人公も訪れた昭和感漂う通りで、個性的でリーズナブルなお店が並びます。

その中に目を引くお店を発見しました。
IMG_0809
昨年の10月にオープンした「茶碗蒸し本舗 稲穂」というお店です。

店内は2階までありますがそれほど席数がないので、時間帯によっては予約をしなければ難しそうです。
IMG_0810

茶碗蒸しは20種類ほどあり、マヨサーモンやお餅などの変わり種が370円〜400円より選べます。
一番高い1400円の特製稲穂茶碗蒸しは、20分ほど時間がかかるそうで、こだわりを感じます。
いろいろあって迷ったので、ここは無難に「チーズ」「海老」「なめこアオサ」の三個セット(1000円)にしました。
IMG_0815
ゆるすぎず、かたすぎない絶妙な触感で、玉子の甘みとそれぞれの素材が活きている、さすが専門店の茶碗蒸しです。

メニューには一品料理もあり、本日のお薦めの「とろとろ‼豚なんこつ」を熊本阿蘇の地酒と一緒に頂きました。
IMG_0814
IMG_0811

茶碗蒸しの器は小さいので、いろんな味を楽しむことができます。
IMG_0816
軽く一杯行きたい時や二件目用に、マークしておくべきお店です。

<茶碗蒸し本舗 稲穂 中洲店>
住所:福岡県福岡市博多区中洲4-1-13
電話:092-261-2122
営業時間:18:00〜翌2:30
定休日:日曜日

askulryoko at 16:39|PermalinkComments(0)

2018年03月15日

唐戸市場〜山口県下関市〜

週末に車で少しいつもより早く出発し、山口県下関市の唐戸市場へ


唐戸市場はふぐの市場、タイやハマチの市場としても有名です。
地元の漁師さんたちが獲得したり育てた魚も直接販売しており、地方卸売市場としては全国的にも珍しい販売形態を行う市場。
農産物の直売所もあり、漁業者や農業者が軒を並べて販売しています。

市場では外国人観光客も多く見受けられました。
唐戸市場は人気の観光スポットにもなっているようです。

IMG_8045

10時くらいに到着しましたが既に多くの人で込み合っていました!

お寿司や揚げ物を好きなお店で買います。
購入は、並べてあるお寿司のなかから店員さんに欲しいものを伝え、パックに包んでもらいます。
普段はあまりお目にかかることのできないネタも多く、コロッケも熱々でとてもお腹いっぱいになりました。

IMG_8046

IMG_8047

IMG_8048

ただ、イートスペースは比較的少ないので、ゆっくり食べることはできません。
ベンチで座って食べて唐戸市場をあとにし、周辺を散策。

近くに「亀山宮」があります。
御影石鳥居としては日本最大級で高さ約12m。

額には亀山宮と書かれていますが、「山」の字に白いボールが挟まっているのが見えます。

IMG_8042

野球をしていたのがすっぽりはまったそうで、
地元の高校野球が活躍し始めた事から野球の神様とも呼ばれているそうです。

IMG_8043



唐戸市場の目の前には、水族館の海響館もあります。
今回は時間がなく立ち寄れませんでしたが、下関にきたらぜひ訪れて頂きたいスポットです。


IMG_8044


******************************************************
唐戸市場営業時間
月曜日〜土曜日/午前5時〜午後3時
※店舗により異なります
日曜・祝日/午前8時〜午後3時

******************************************************

askulryoko at 10:51|PermalinkComments(0)

2018年03月08日

大阪の5つ星ホテル

ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブレベルに泊まってみました。
IMG_0491

ホテルに到着しベルスタッフに名前を伝えると、34階のクラブラウンジに案内され、クラブレベルの宿泊者を把握しているのかとまず驚きました。

ゴージャスなロビーを通り、これから優雅な時間を過ごせると思うとイギリス貴族になった気分です。
IMG_0499
IMG_0503

和装のクラブコンシェルジュに迎えられ、さっそくお部屋に案内されました。
IMG_0636
33階からの眺望は思わず息をのんでしまいます。
IMG_0634

クラブラウンジではほぼ終日、軽食や飲み物が用意されていて、17時からは“ご夕食前のオードブル”タイムです。
IMG_0643
IMG_0670
IMG_0638
軽食のレベルではありません!完全に夕食として飲み食いしてしまいました。

フィットネスセンターも利用できるそうなので見学に行くと、なんと中庭にジャグジーがありました。
IMG_0653[1]
IMG_0656[1]

なんだかんだ過ごしているとクラブラウンジでは20時からの“ナイトキャップ&デザート”の時間に。
IMG_0686[1]
IMG_0684[1]
美しい夜景をながめながら...贅沢すぎる時間です。
IMG_0692[1]

翌朝、夜が明ける直前の景色にうっとりしつつ、朝食を頂くために急いで身支度を。
IMG_0721[1]

朝からテンションが上がります。
IMG_0725[1]
IMG_0726[1]
白ワインも頂いてしまいました。
IMG_0728[1]

11時のチェックアウト後は“お昼のご軽食”タイムです。もう笑いが止まりません。
IMG_0755[1]

高級ホテルで過ごす休日は夢のようでした。


askulryoko at 15:15|PermalinkComments(0)

2018年02月22日

ワインと天ぷら?!

ワインソムリエがいる天ぷらのお店を見つけました。
「ワインと天婦羅 あら木」は天神駅からすぐの大名(だいみょう)エリアにあります。
IMG_0882

好みを伝え、おすすめの赤ワインをボトル(4,500円〜)で出してもらいました。
IMG_0883
さすがワインソムリエのセレクト!と思いながらもメニュー表がないため金額が気になるところですが...

おすすめコースは2,500円とリーズナブルだったため、心配するのは止めて楽しむことにしました(笑)
IMG_0884
色鮮やかな前菜盛り合わせです。
照明とのバランスでできるガラスの器の影に見とれてしまいました。
IMG_0886
IMG_0888
IMG_0889
香り高いトリュフ塩と色鮮やかな赤ワイン塩の二種類で頂きます。
一品ずつ丁寧に用意され、一番良い状態で提供されています。
IMG_0890
IMG_0891
天ぷらの合間のお口直しです。
IMG_0893
IMG_0894
IMG_0897
今までは天ぷらを食べる時にワインという印象はありませんでしたが、とても相性がいいです。
と言うより、こちらのお店ではワインに合うよう全ての素材や油にこだわっているのではないかと思います。
IMG_0898
かき揚げの天茶で終了です。
ワインと天ぷらのクオリティーはもちろん、隠れ家的な雰囲気も素晴らしかったです。
お会計の時に少〜し驚いたくらいです。

< ワインと天婦羅 あら木 大名>
住所:福岡県福岡市中央区大名1-13-12 大名ことうビル 2F
電話:050-5590-4984
URL:https://www.winesalon-araki.com/


askulryoko at 16:41|PermalinkComments(0)

2018年02月15日

北九州いのちのたび博物館

北九州に「いのちのたび博物館」という施設があります。
昨年、閉園となったスペースワールドに隣接しています。

IMG_7580


IMG_7581

建物は3階立てになっており、恐竜から始まり古代生物のレプリカや
生物の剥製、そして福岡や北九州の歴史を見て知って学べるなんとも情報量たっぷりな施設。
楽しみながら学習できるよう、エンターテイメント性の高い展示となっています。

IMG_7582

IMG_7583



古代生物コーナーには恐竜の発展と衰退をロボットで8分間演じるショーもありました。
火山の噴火が天井に映し出されたり、夕焼けや夜空をリアルに表していたり見ごたえ抜群です。
会場につくまでも遺跡のような道順を辿るようになっているので、それだけでわくわくします。

IMG_7584IMG_7585

大人も子供も色々学ぶことができる、広々とした館内。

現在は海の古代生物の特別展示も開催中です。


北九州の昔の家屋を再現したコーナーや、鳥たちの剥製も間近で観察できます!

IMG_7586

お土産コーナーにも好物や恐竜の資料など興味深い商品がたくさんありました!


************************************************************
北九州市立いのちのたび博物館[自然史・歴史博物館]

〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
Tel:093-681-1011


************************************************************






askulryoko at 12:57|PermalinkComments(0)

2018年02月08日

大宰府のゆず製品専門店

西鉄太宰府駅構内にゆず製品の専門店「YUZU PREMIUM JAPAN」があります。
九州名物のゆずこしょうが液体になって手軽に使える「YUZUSCO(ゆずすこ)」を手掛ける高橋商店のお店です。
ちなみに、ゆずこしょう+タバスコではなく、ゆず皮+お酢+こしょうで『ゆずすこ』だそうです。
IMG_0288


ほとんどの商品がチューブタイプになっているので使いやすく、軽いのでお土産にもおすすめです。
とてもレアな大宰府産の梅が使われた「梅ジャム」と「梅のり」は大宰府店で人気のようです。
IMG_0282
IMG_0284
佐賀県有明海の海苔とゆずが入った「梅のり」を試食してみると、温かい白ご飯にのせて食べたくなり、即買です。

「ゆずシロップ」はお湯やお水に溶かしたり、ヨーグルトにかけると美味しいそうです。
IMG_0283

昆布だしの旨味が引き立つ「塩ゆず」はチャーハンやパスタの隠し味などに使える調味料です。
IMG_0286

そして宮崎県発の大人気商品「ごぼち」とコラボした「ごぼちYUZUSCO味」は、スライス国産ごぼうの素揚げとゆずの風味がマッチしていて食べだしたら止まりません。
福岡空港や博多駅のお土産屋さんでも購入できるので、東京や大阪へ遊びに行くときは、私の定番土産になっています。
IMG_0287

太宰府天満宮や九州国立博物館へ行かれる際にはぜひお土産にいかがでしょう。
IMG_0275


<YUZU PREMIUM JAPAN 大宰府店>
住所: 福岡県太宰府市宰府2-5-1 西鉄太宰府駅
電話: 092-924-3931
営業: 10:00〜18:00
URL: http://yuzupremiumjapan.com/

askulryoko at 10:06|PermalinkComments(0)