西日本支店 九州(福岡県)

2018年10月11日

福岡アジア美術館「横尾忠則とアジア'89

9月20日より、福岡アジア美術館では横尾忠則の作品点が展示が始まりました。
15点の作品は福岡市美術館が所蔵する作品のうち、アジアとの関わりが深い作品となっています。

図1

今回展示されている作品は、横尾忠則が初めてインドへ旅する直前に行われた個展「聖シャンバラ」で発表された版画集やアメリカのロックバンド「サンタナ」が1973年に大阪で公演した際のライヴ盤「ロータスのデンセツ」のジャケット・デザインとして制作されたポスターです。

60年代待つにビートルズがインドを訪問したことに衝撃を受け、影響された横尾忠則は、インド音楽を聴き、お香を焚き、ヨガを行い、インドへの思いを募らせていきました。


IMG_0743

IMG_0742


「シャンバラ」とは横尾忠則がつくりだした「地球内部の空洞に存在するというアガルタ王国の首都の名前」だそう。
近代的で合理的な知を超えるスピリチュアルなものに惹かれていた当時の横尾忠則の関心が反映されたシリーズです。

インドのお香のパッケージやヒンドゥーの神々のイメージにサイケデリックの極彩色が組み合わされています。

こちらはインド文化やUFOやオカルト思想など神秘主義的文化への興味を抱いていた70年代の横尾を象徴するデザインです。

IMG_0751

IMG_0746


こちらは1981年に「第3回アジア美術展」が福岡市美術館で開催された際に横尾忠則が手がけた本展のメイン・ポスターです。

IMG_0755

IMG_0753[1]

作品集などもたくさい置いてあり、インタビュー記事や別の作風の作品をみることもできます。


横尾忠則のほかにも、アジア美術館らしい、アジアのアーティストが手がける作品の展示もありました。
今回は絵画のほかにセルフポートレイトとしてつくられた本棚や乗り物、大きな作品が目立ちました。

IMG_0759

IMG_0760

IMG_0765

横尾忠則の展示は12月25日までの長い期間開催中です。
入場料金も200円とかなりお安いので、ぜひ芸術の秋に、アジアのアートを堪能してみてください。

********************************************************
福岡アジア美術館  092-263-1100

福岡市博多区下川端町3-1
リバレインセンタービル7・8階

「横尾忠則とアジア'89」
2018年9月20日(木) 〜2018年12月25日(火)
料金:一般200円 高校・大学生150円 中学生以下無料

********************************************************







askulryoko at 09:58|PermalinkComments(0)

2018年10月04日

水炊き 濱田屋

先日、「濱田屋」という水炊きのお店にいきました。

福岡在住だと、友人や親戚が福岡に遊びにくる時以外は、日常的にはあまり水炊きは食べませんが、
久しぶりにお店などで食べると、改めておいしさを感じます。

濱田屋は、博多駅から徒歩10分程、キャナルシティの近くにあります。
清潔感と高級感のある店内。

IMG_0648



店員さんが、テーブルについて、鶏肉や野菜に火が通ったら器によそってくださるので、お料理の心配をする必要はありません。

IMG_0649

IMG_0650



鶏肉を、新鮮な鶏ガラで使いとった透明スープで煮ます。たっぷりと鶏のエキスが溶け込んでとても深い味わいでした。


こちらにネギをトッピングし、お好みで塩を少々、スープだけいただきます。
ぎゅっと旨味がつまっていて、シンプルながらも贅沢なスープです。


鶏のからあげもあつあつでジューシー。写真をみているだけで、また食べたくなります。

IMG_0652

そして美豚のしゃぶしゃぶ。鶏のスープで煮た野菜を巻いて、ぽん酢で食べます。

IMG_0654
いつも感じるのは、水炊き屋さんのぽん酢は本当においしい、ということです。
濱田屋さんのぽん酢も何度も何度も注ぎ足して、販売があれば購入したいほどでした!

最後は麺、またはおじやにするかが選択できます。
個人的にはもつ鍋のしめは麺、水炊きのしめはおじや、と決めているので
今回もおじやにしましたが、優しい味わいで本当においしかったです。

ランチ時間も営業しているようなので、次回はお昼にも来てみたいと思いました。



*****************************************************
博多水たき濱田屋 本店
050-5593-4068

ランチ:11:30〜15:00(LO14:00)
ディナー:17:00〜22:00(LO21:30)

福岡県福岡市博多区住吉1-1-9

*****************************************************





askulryoko at 18:26|PermalinkComments(0)

2018年09月27日

清川のサンドイッチカフェ

博多の台所と言われる柳橋連合市場から歩いて5分ほどの清川に、サンドイッチ専門店の『sandelica(サンデリカ)』があります。
IMG_1857

ショーケースに並ぶ様々な具材から好きなものを選び、欲張りすぎて恥ずかしくなることもありますが「その組み合わせならこれを入れたらおいしいですよ。」と店員さんが助言してくれます。
IMG_1859
食パンはベーシックサンドかホットサンドから選べますが、ホットサンドはパンがトーストされているだけで具材が多いと食べにくいので、ベーシックサンドがおすすめです。

テイクアウトも出来ますが、イートインスペースもあります。
IMG_1843

ベーシックのトマトとレタスに白身フライとポテトサラダを追加しました。
IMG_1845

こちらはサーモンと生ハムとアボカドのホットサンドです。
IMG_1847

やっぱりベーシックがいいと思い、後日、生ハムとアボカドとクリームチーズをサンドしてみました。
IMG_1860

かなりのボリュームでどんな組み合わせでも楽しめます。
そしてサイドのポテトも美味しいです!
揚げたてに絶妙な塩加減がビールに合うので、ポテトだけをテイクアウトすることもあります。

好きな具材を選び、目の前でサンドされるワクワク感が、断面図を見て感動に変わります。
次はあの組み合わせでも食べてみたいと、永遠のサンドイッチループにはめられる専門店です。

<sandelica>
住所:福岡県福岡市中央区清川2-6-18
電話:092-521-3933
営業:火〜金 9:00〜20:00、土日祝 〜18:00、月曜お休み

askulryoko at 11:50|PermalinkComments(0)

2018年09月20日

秋の訪れを感じる放生会

先日福岡市の筥崎宮にて、放生会(ほうじょうや)が開催されました。(18日まで)
もとは、仏教の殺生戒(→五戒)の思想に基づいて行なわれる鳥獣や魚を放つ行事となっており、現在各地の寺院のほか、八幡神をまつる大分県宇佐市の宇佐神宮や、京都府八幡市の石清水八幡宮で行われるお祭りとなっています
福岡では「ほうじょうや」と呼ばれていますが他地域では「ほうじょうえ」と呼ばれているそうです。

放生会は、どんたく祭り、祇園山笠にならぶ福岡の3大祭りと言われており、
露天が沢山立ち並びます。
毎年9月12日より放生会が始まれば、福岡に住む人々はようやく秋の訪れを感じるのではないでしょうか。


可愛らしい露天やおいしそうな食べ物が沢山ありすぎて、どこで何を買おうかいつも悩んでしまいます。

IMG_9083

IMG_9084


昔の放生会で亀を放流していた名残で、亀売りの露天が多く見られました。
通常の夏祭りなどでもなかなかお目にかかることがないのでついつい観察してしまいます。

IMG_9108

IMG_9104


奥へ進むと、今年もありました「見世物小屋」。
小さい頃の怖い記憶が残っており、入場するにはとても勇気がいりますが、
謳い文句や看板もかなり衝撃的です。

IMG_9111

IMG_9110
「伝説の女総長」
「逃げ遅れた病気老人」
なかなか胡散臭さも漂いますがそれも魅力。

IMG_9109

今年も例年通り賑わっていました。
博多からもアクセスが簡単で夜遅くまで開催しているのでお仕事帰りに楽しめるお祭りです♪



askulryoko at 10:56|PermalinkComments(0)

2018年09月13日

柳川でうなぎのせいろ蒸し

川下りで有名な柳川は、福岡から日帰りで行ける観光地の一つです。
IMG_2669
江戸時代の柳川城のまわりをどんこ舟でめぐる川下りは、海外からも来るほど人気のようです。
IMG_2639
舟でゆらゆらと情緒あふれる雰囲気を味わうのもいいですが、カヌー体験もにぎやかでした。
IMG_2640
まっすぐ進むのは難しそうです。

川下りを楽しんだあとは名物うなぎのせいろ蒸しを食べることが定番です。
IMG_2646
うなぎ料理店は数多くあり迷いますが、並んでいるお店は間違いない、ということで安政年間創業の老舗「若松屋」へ行ってきました。

お昼の11時過ぎで店内に待ち10組以上... 食欲をそそる美味しそうな香りがするだけに、順番が来るまでは辛かったです。
IMG_2635
中庭がある奥座敷(本館)に案内され、さらに待合室...じらされます。
IMG_2665
IMG_2654

注文してからも時間がかかりそうだったので瓶ビールを頂きながら気持ちを落ち着かせ、ついに待望のせいろ蒸しです。
IMG_2661
甘すぎず深みがある濃厚なタレが、肉厚のうなぎともちもちのごはんにたっぷりしみこんでいて、しっとりとした食感です。
かなりのボリュームで腹十二分目...先に飲んだビールを少し後悔しました。
仕事を頑張って、ご褒美にまた来たい!と思える贅沢なランチです。

西鉄福岡天神駅から1時間ほどですので、ぜひ行ってみてください。

<若松屋>
住所:福岡県柳川市沖端町26
電話:0944-72-3163
営業:11:00〜20:00
URL:http://wakamatuya.com/

askulryoko at 15:02|PermalinkComments(0)

2018年09月06日

長崎県軍艦島

朝早くから博多を出発し、長崎へ!

博多からは長崎へのアクセスも簡単です。
バスセンターでは高速バスが終日運行しているので、片道2500円〜で3時間弱で長崎市内へ。

市内の港より、ツアーに参加し、20分程かけて軍艦島へ向かいます。
事前に予約をし、3500円程でした。

行きも、造船所が立ち並ぶ長崎ならではの景色が楽しめます。
「三菱重工造船所」や、江戸時代に禁教令が出されていた頃、隠れキリシタンたちが身を潜めていた高鉾島、
白いマリア像のある神の島を通り抜け高島に一時上陸します。


高島は軍艦島に程近く、夏場になると多くの人たちが美しい海を求めて、キャンプや海水浴などに訪れています。

こちらでは高島炭鉱のことが学べる資料館に30分程立ち寄ります。

IMGP6682

IMGP6683

IMGP6685

IMGP6681

ガイドさんの軍艦島の構造や歴史についての話を聞き、模型で予習。
注目するポイントを頭に叩き込みます。


再度船に乗り込み、目指すは軍艦島へ。

まず船で見学通路は限られているため、建物の詳細までは見学できません。
島の周りを一周しながら、当時の建物や人々の暮らしのようす、をガイドさんが説明します。

IMGP6693

IMGP6694

こんな小さな面積の島に病院や学校・商店・寺院・神社・派出所や映画館・理髪店・パチンコホールなどが立ち並び、島の施設だけで何不自由のない完全な都市として機能していたと考えると
何だか不思議な気持ちになります。

IMGP6701

IMGP6700

IMGP6707

島から立ち退いたときに子供だった人々のうちは、未だに当時の活気に溢れた島の様子と
現在の軍艦島の姿とのギャップを受け入れられずに見学に来られない方々も多いそうです。


IMGP6721

市内や周りの島々にも歴史を感じる長崎は見所がたくさんあり、何度も訪れたくなる場所です。
福岡からのアクセスも簡単で日帰りで楽しめます!

IMGP6713

岩礁の上にできた軍艦島、のキャラクター。

askulryoko at 15:56|PermalinkComments(0)

2018年08月30日

壱岐でパワーチャージ 〜Day2〜

Day1でご紹介した猿岩の近くに『里浜海水浴場』という遠浅のきれいな海があります。
IMG_2394

夕日が見えるサンセットビーチなので夕方に来る人が多いのでしょうか、私達が行った3時頃はだれも泳いでいる人がいませんでした。
IMG_2393
お二人の監視員に見守られながら、冷たくて気持ちがいい海で遊びました。
海の家はありませんが、自動販売機があったので十分です。

壱岐の最北端には快水浴場百選に選定されるほど美しい『辰ノ島』という無人島があります。
勝本港から遊覧船が出ており、クルージングを楽しんだ後に海水浴へ行くことが出来ます。
IMG_2409
クルージングでは、船長さんがマンモスやオオカミに見える岩などを紹介してくれ、洞窟ギリギリまで船を近づけ海底が見えるほど透き通ったエメラルドグリーンの海を見せてくれました。
IMG_2427

圧巻だったのは高さ50メートルほどある断崖絶壁の『蛇ヶ谷』です。
IMG_2442
荒波が侵食し、縦に切り裂いたような蛇ヶ谷からは、まるで後光がさしているようでとても神秘的でした。

希望の人だけが海水浴場で降ろされ、1時間おきにクルージングが出港するので好きなタイミングで帰れます。
IMG_2444

海の家では水中めがねや浮き輪のレンタルもあり、澄んだ海で思う存分泳ぎました。
IMG_2445

勝本港に戻り、再びウニ丼を食べに『大幸』へ向かいました。
IMG_2451
勝本港であがった新鮮なウニだけを使っているそうで、前日も頂きましたがあの感動がよみがえりました!
IMG_2455
旬の魚とサザエのお刺身までついてくるボリューム満点の定食です。
IMG_2454

福岡からわずか1時間ほどで行ける壱岐島は、食べ物がおいしく海がきれいで、なにより島の方がやさしくフレンドリーな素晴らしい島でした。
一度訪れると毎年行きたくなるほど魅力を感じると思います。

askulryoko at 15:12|PermalinkComments(0)

2018年08月23日

老舗喫茶ブラジレイロ

福岡の喫茶店の中でも、特に老舗と言われている「ブラジレイロ」。


場所は博多からもアクセスが簡単な呉服町。
昭和の時代は、卸問屋さんや宿などがたくさん並び、とっても賑わっていた場所です。
外観からも古き良き時代の面影が伝わってきます。
周りの建物と明らかに違う雰囲気が漂っています!

IMG_0155


昭和9年にブラジル・サンパウロのコーヒー局が、ブラジルの珈琲を宣伝する目的で中洲湖畔にモダンな珈琲店を開いたのが始まりだそうです。


オムレツライス、ドライカレー、ミンチカツ、ハンブルグステーキデミグラスソース、ハンブルグステーキトマトソース等
洋食屋さんには欠かせないメニューがそろっていますが、こちらはなんといってもデミグラスソースが本当に美味しいです。
さらさらでもなく、どろどろでもない、コクがあり、ほんのりとした酸味、手間暇かけられている感じがします。和がらしとよく合います。


独特な形のミンチカツは売り切れ必須。
何度か予約をせずにふらっとランチに入ってみたこともあるのですが、必ずといっていいほど売り切れていました。
電話にて対応してくださるので、予約をすることをお勧めします。
つけあわせのなす、人参、マッシュポテトの味も完璧です。
キャプチャ

IMG_0156


P1600130
オムライスも同じデミグラスソースが使われていて、贅沢な味でした!


IMG_0154



食後には必ずブラジレイロの”マイルドコーヒー”がついてきます。
ふわふわのクリームと本当にマイルド、な味わいでした。

1階のレジ横には、自家焙煎のコーヒー豆や、ブラジレイロデザインの保存缶(レトロで可愛い!)も販売中。
自分用にはもちろん、お土産としてもおすすめです!

無題


******************************************************
ブラジレイロ

所在地: 〒812-0025 福岡県福岡市博多区店屋町1-20
時間: 営業中 ⋅ 営業終了時間: 20:30
電話: 092-271-0021

******************************************************

askulryoko at 10:37|PermalinkComments(0)

2018年08月16日

壱岐でパワーチャージ 〜Day1〜

福岡から高速船のジェットフォイルで1時間、長崎県の壱岐島(いきのしま)へ行ってきました。
車で一周しても2時間ほどの小さな島です。
IMG_2463

ウニ漁が盛んで美味しいと聞いていたので、郷ノ浦港に到着後さっそくウニ丼を食べに『三益寿司』へ向かいました。
IMG_2375
一口食べてウニの甘さに驚きました。
今までに食べたことがないほど新鮮で濃厚!あっという間に完食してしまいました。
IMG_2313
このウニ丼を食べに日帰りで来る方もいるそうです。

こちらでのお支払いは、7月に導入されたばかりの”しまとく通貨”でお願いしました。
IMG_2317
5,000円で6,000円分使えるプレミアム付き商品券の電子版です。
島内の飲食店、お宿、タクシーなど様々な場所で使えてとっても便利です。
足りなくなればクレジットカードからチャージ出来るので毎回窓口に行く必要もありません。

三益寿司から歩いてすぐのところに『塞神社(さいじんじゃ)』があります。
IMG_2292
道祖神 猿田彦の妻 猿女君(さるめのきみ)が奉られていて、男性のシンボルや女性のものを形取った器物が奉納されています。
良縁、安産、夫婦和合、性の病などにご利益があり、子宝の神社とも言われているそうです。

次に向かったのは壱岐のシンボル『猿岩』です。
壱岐島誕生の神話に出てくる八本の柱のひとつで、自然がつくったとは思えない、彫刻作品のような猿の横顔です。
IMG_2330

違う角度から見てもなんとなく猿ですが、展望所からの哀愁漂う背中がなんとも言えません。
IMG_2334

猿岩の近くに『黒崎砲台跡』があり、東洋一の砲台の巨大な穴を上から見ることができます。
IMG_2323
実弾を発射することは試射以降一度もなかったそうです。

次回のDay2では美しい海をご紹介します。


<壱岐観光ナビ>
http://www.ikikankou.com/


askulryoko at 09:48|PermalinkComments(0)

2018年08月09日

長崎県松浦市「青島」

青島、と聞くと九州の人なら宮崎県の青島がまずはじめに思い浮かぶと思いますが、
長崎県松浦市にも「青島」という名の面積約1平方キロメートルの小さな小さな有人島があります。

福岡市内から松浦までは2時間弱、松浦の港「御厨(みくりや)」から小さなフェリーで20分。


フェリーの時刻は限られているので、綿密なドライブコースをたてて行くのがお勧めです。
周辺の島を巡るので1日に2本ほどしかありません。

IMG_0005


到着してすぐに、島にある小学校の裏に「宝の浜海水浴場」へ。


遠浅の海で、波はほとんどなく、まるで沖縄の海にやって来たかのような透明度。
午前中に到着しましたが人はほとんどおらず、島の人が時たま魚をつりにやってくる程度でした。

IMG_0010

小さな海の家でバーベキューをしていた島の方々にお声を掛けていただき、
「今捕ったサザエ食べていき!」と言われお魚や、お肉と、色々ご馳走になりました。
子供たちも真っ黒に日焼けして年齢関係なくわいわい楽しそうに過ごす島の人々の暮らしがとても羨ましくなりました!

IMG_0006

IMG_0007


島は車でも周ることができますが、道がとても狭いです。
難関な曲がり角などは島の人が親切に誘導してくれました。

車がなくても港の反対側の海辺まで10分程でいけるので、車はなくても良かったなぁ、と思いました。

IMG_0008


島ならではの空気が流れていて、少し福岡からは遠いですが、
海辺で静かにゆっくり過ごしたい方にはとてもおすすめです。

IMG_0009


帰りは御厨に戻らず、フェリーで鷹島に渡り、そのまま陸路で福岡へ戻りました。
鷹島には海の幸がおいしい小さなお店がたくさんあるので、経由して帰るのがお勧めです。

IMG_0003

鷹島大橋をわたり、自然豊かなドライブを楽しめます!


***********************************************************
松浦市公式ホームページ

http://www.city-matsuura.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

海上屋台 三軒屋
https://tabelog.com/nagasaki/A4202/A420203/42006725/



***********************************************************


askulryoko at 10:32|PermalinkComments(0)