2019年12月06日

大嘗宮一般参観、令和元年秋季皇居乾通り一般公開

11月14日、15日、天皇陛下がご即位の後,初めて新穀を皇祖・天神地祇に供えられ,自らも召し上がり,国家・国民のためにその安寧と五穀豊穣などを感謝し祈念された大嘗宮の儀が行われた大嘗宮が、12月8日まで一般公開されています。
11月30日からは秋季恒例の皇居乾通り一般公開も同時に行われています。
皇居3



セキュリティチェックを受け坂下門から入り、宮内庁庁舎前を通って乾門に抜ける約750メートルの並木道は、黄色や赤に色づいた木々がとてもきれいです。
皇居4



「フユザクラ」「シキザクラ」といった花も咲いていました。
皇居1 (1)



お堀に反射する紅葉もまた風情があってよいものです。
皇居2


皇居5


西桔橋を渡りいよいよ皇居東御苑、大嘗宮があるところへ。
遠くから見てもすごい人の数!
皇居6



本丸をぐるっと一周しいよいよ大嘗宮の入口へ。
皇居7


皇居9



全体的に簡素な感じがしましたが、皮付き丸太を使う「黒木造り」という古代の工法そのままで作っているからだそう。

いよいよ正面へ。
この付近は写真におさめようとすごい人だかり。
そんな中、警備の方々が「お写真は成功しても失敗してもおひとり様1枚でおねがいしま〜す!!」と、笑いを誘っていました!!

皇居10


皇居12


皇居8



一世一代の大行事の行われたこの大嘗宮と都会のビル群が一緒に写っている光景もなかなかです。

一般公開終了後に解体されるということなので、この週末が最後の参観のチャンスです。
ぜひ行かれてみてください!!


大嘗宮一般参観及び令和元年秋季皇居乾通り一般公開について
https://www.kunaicho.go.jp/event/inui-r01aki.html

askulryoko at 09:00│Comments(0) 本社オフィス(墨田区) | ライフスタイル・暮らし

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔