2018年07月12日

山笠ムードの博多地区

福岡県福岡市、博多区エリアで開催される「博多祇園山笠」は770余年の伝統を誇る博多の総鎮守・櫛田神社の奉納神事です。

1979年の5月に国の重要無形民族文化財として指定され、2016年11月にユネスコの無形文化遺産に登録されています。


7月1日から15日の間、福岡は山笠ムードに包まれ、博多駅前では飾り山笠が設置されています。

IMG_9692

IMG_9693

IMG_9695


数十メートルもの高さがある飾り山笠には、博多人形師が精魂を込めてつくった人形が豪華絢爛に飾りつけられています。

IMG_9696

IMG_9697


飾り山笠は市内14ヶ所に設置されているので、それぞれの飾り山笠を鑑賞しながら街を散策するのも楽しいです。

祭りのフィナーレ「追い山笠」は15日、日曜日の早朝4時59分からスタートします。
それぞれの地域の「七流」が櫛田入りを披露する迫力満点の行事。


山笠の無事奉納終了を祈願して櫛田神社で厄払いした、祇園饅頭も山笠の期間のみ限定販売です。

IMG_9685


博多の各家庭では山笠時期に「祗園饅頭」を買って神棚にお供えした後、みんなで食べて悪事災難を払う風習があります。

博多の老舗菓子、石村萬盛堂・鈴懸の2店舗のみで作られている祇園饅頭。

櫛田神社の神紋のパッケージのシンプルなお饅頭で、こし餡を包んだしっとりした酒饅頭。皮のほんのり甘い香りと、こしあんの絶妙な甘さが口の中に広がります。


山笠見物の記念として厄払いついでにお土産におすすめです!








askulryoko at 14:30│Comments(0) つばめオフィス(福岡) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔