2018年02月13日

陶芸品のインテリア

今日は少し変わったインテリアについてご紹介したいと思います。

京都の大学で陶芸を勉強している弟がいるのですが、
彼含め、その同級生らが作る作品が私にはとても現代風で
それはそれでおしゃれなのでご紹介いたします。
kyoto

京都では自分で食器や陶器をつくることができるお店はたくさんありますが
古風なデザインはもちろん、絵描きなどで型にはまらないオリジナルなデザインが
たくさんつくられるそうです。

kyoto4

中には、多くの人が想像する湯呑やお茶碗などの陶器を通り越し
置物や飾りになる小物もあり、デザインだけでなく種類でさえ様々でした。
中でも、写真のように魚やくじら、小動物などの可愛らしい置物も人気のようで
個展やお店でも商品として売られることもあるそうです。


また、女性に人気なのは、食器や小物だけでなく
洋風な雰囲気にも合うおしゃれなインテリア小物のようです。

kyoto1

これは、弟が作ってくれたアクセサリー入れなのですが、
色も透明感を出したり、色をあえてまだらにしたり、
1から自分の好きなように作ることができる陶芸の特徴を活かした作品です。

京都には外国人の観光客も多いことでも良く知られますが、
日本の古くから伝わる文化だけでなく、
新しい考えやセンスが融合された古くも全く"イマドキ"なわけでもない
とても素敵で独特なデザインがあふれているようですね。

皆さんもぜひ京都に行かれた時は、
型にはまらない独特なオリジナルのデザインに触れてみてはいかがでしょうか。



askulryoko at 18:32│Comments(0) 東京ベイ有明オフィス (江東区) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔