2017年12月21日

福岡アジア美術館で開催中「サンシャワー展」

2017年11月03日(金) 〜 2017年12月25日(月)、福岡アジア美術館では「サンシャワー展」が開催中です。

植民地支配と独立、独裁政権と民主化、経済発展と格差のなかで、ダイナミックに変化してきた東南アジア10ヵ国の1980年代から現在までの美術を、約29組・約80点の作品から「革命と情熱」「さまざまなアイデンティティー」「歴史との対話」など9つの視点で掘り下げて紹介しています。

サンシャワー(天気雨)という展示名は発展と困難を繰り返してきた東南アジアのアートのようすをあらわしています。

IMG_6073


IMG_6081

指文字は左から「DEMOKRASI」(インドネシア語で民主主義の意味)を表しています。
パネルの前にはスタンプがおかれており、それぞれの文字を印す体験もできます。


IMG_6079



IMG_6077

民族が違っても共通する誕生、卒業、結婚という人生の大切な場面を撮影したパネル「Through Rose-Coloured Glasses」
「薔薇色の眼鏡」とは「過剰な楽観性」を意味するそうです。



IMG_6083

難民として家族と渡米した経験を持つ作者。中央にあるセザンコウは東南アジアを主に生息する絶滅危惧動物。このオブジェで絶滅してゆくことの皮肉がこめられています。


IMG_6085

出口にはマニラ生まれのアーティストによる大規模な展示が。
風鈴から生まれる複雑な音色とゆれで未来に向けた警告を表現しています。

アートを通してアジアが直面してきた問題などに触れることができる貴重な展示でした。

期間はもうすぐ終了していまいますが、週末にかけてはイベントもあるそうなのでぜひ足を運んでみてください。

*********************************************************
福岡アジア美術館
住所: 福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
TEL 092-263-1100

観覧料 一般800 (600) 円
高大生500 (300) 円
中学生以下無料

http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home


*********************************************************

askulryoko at 10:09│Comments(0) つばめオフィス(福岡) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔