2017年12月03日

小江戸

今日の千葉県は雲ひとつない晴天に恵まれ、利根川沿いをぶらり旅。

安食を過ぎるあたりから利根川に合流するこのルート。信号も少なくバイクのツーリングに人気の水郷ライン。

まずは宝船が目立つ物産展に立寄る。
ここでは四周年記念の催し物が開かれ鮎の塩焼きが400円、けんちん汁がなんと100円で振舞われなんとも和やかなムード。

ここから数キロで発酵の里こうざきに立寄る。地元の新鮮野菜の他、各地の発酵食品の販売なども目玉の1つ。
そして今回も佐原の古い街並みがある伊能忠敬の旧家あたりを散策する。

ちょうどランチの時間に差し掛かるような時間から千よ福さんに足を運んでみる。
川側からだと分かりづらいがメニューが外にあるのでそこを勇気を出して入りましょう。

するとこの細い路地を抜けたところに蔵を改造して作られたお店が…
なかなかお洒落な入り口周り…
ご飯のおかわりは自由なのですが見た目以上にお腹いっぱいになるのです。
この他に天ぷらや甘味までセットで2100円。

なかなか粋な空間で美味しい和食を頂くと言うのはいかがでしょう?

同じ部屋には外国人の方も来られてました。最近の旅行者の皆様は日本人以上に日本に詳しい方が多いような…我々も日本をもっと知らねば…
古い街並みを歩いた後は道の駅佐原でお買い物。

新鮮野菜や地元の銘菓などなどがいっぱい。


この時期なら白鳥も飛んで来ているのです。

千葉県にもこんな観光地があるのだなあと改めて発見出来た1日となりました。


askulryoko at 20:09│Comments(0) 千葉オフィス(千葉) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔