2016年10月07日

石垣島でリフレッシュ

沖縄から更に約1時間のフライトを経て、石垣島へ。
台風が多く発生する時期なので、台風情報を見てはソワソワ。
数日の差でなんとか台風を避け、痛いくらいの日差しに迎えられました♪

石垣島に来たら、絶対訪れたいと思っていた、北西部に位置する川平湾(かびらわん)へ。
石垣港から約40分のドライブです。
運転が苦手な私ですが、すれ違う車もまばらで、左折右折を繰り返すことなくほぼまっすぐな道に助けられながら、あっという間に到着。

川平湾
石垣島1(川平湾)
幸せな気持ちになる景色が目の前に広がります。
驚くほどの透明度で、青から緑へと美しいグラデーションが見られます。気を付けて歩けば、サンダルに砂も入らず素晴らしいです。
思わず、泳ぎたくなってしまいますが、遊泳禁止なのでご注意を。
代わりにグラスボートに乗れば、ガラス張りの船底から珊瑚礁や熱帯魚を観察できます。

石垣島1(ハイビスカス)
南国ムード満点のハイビスカス。見かけると嬉しくなってしまいます。

軟骨ソーキそば
石垣島1(ソーキそば)
やはり外せないソーキそば。かなりのボリュームですが、完食。
石垣島1(スパイス)
辛いのがお好きな方は、島とうがらしやピパーチ(八重山諸島独特のトロピカルなスパイス。甘い香りの胡椒。)をかけてお召し上がりください。

川平湾へ向かうときに気になった場所へ立ち寄りました。
石垣島1(唐人墓標識)
ロバート・バウン号事件で犠牲になった中国人労働者128人の慰霊のため、1971年(昭和46年)に建立されたそうです。
石垣島1(唐人墓)
恥ずかしながら、この歴史は知らなかったのですが、青空に映える中国式の美しい装飾と刻まれたたくさんの方のお名前の対比にしばし胸が苦しくなりました。

どうしても石垣牛ステーキを食べたくなり、石垣島初のステーキハウス「担たん亭」へ。
石垣島1(担たん亭外観)
緑豊かな敷地の中にあります。
石垣島1(担たん亭看板)


石垣島1(担たん亭賞状)
お店には、たくさんの賞状や色紙が飾られていました。
石垣島1(担たん亭お酒)
牛の細かな情報が書かれています。
石垣島1(担たん亭メニュー1)


石垣島1(担たん亭メニュー2)
石垣牛、やいま牛、オーストラリアビーフや郷土料理も楽しめます。
石垣島1(担たん亭メニュー3)


石垣島1(担たん亭石垣牛)
もちろん石垣牛をチョイス。
ソースは、ポン酢、和風、洋風と3種類ついてきます。
何も付けなくても十分おいしいですが、気分転換にそれぞれ楽しみました。

<川平湾>
沖縄県石垣市 石垣島川平934
石垣港から車で約40分
駐車場あり

<唐人墓>
沖縄県石垣市新川富崎
駐車場あり

<担たん亭>
沖縄県石垣市新川2117-2
0980-82-2190
11:30〜14:00
17:30〜20:30


askulryoko at 12:50│Comments(0) 西日本支店 九州(福岡県) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔