2016年02月29日

東京マラソン2016


昨日2月28日(日)、今回で10回目を迎える東京マラソンが開催されました。
http://www.marathon.tokyo/

出場者は3万6千人超。

1位〜3位は外国の選手で日本人ランナーは、

8位にヤクルトの高宮祐樹さん、
10位11位に青山学院大学の学生が入っていましたね。

新宿の都庁をスタートとし、

なんとゴールはこちら有明オフィスの真横、東京ビッグサイトでした!

日曜日ということもあり実際にゴールを見届けることは出来ませんでしたが、2/25(木)〜27(土)有明オフィスのビルの前には東京マラソンEXPOとして沢山のブースがセットされ、とても賑やかでした。

IMG_4510


今年は85の国と地域から6000人を超える人が参加し、主催者側は外国語で対応できるボランティア700人を配置したそうです。




この東京マラソンですが、とても大きなイベントです。

その裏では、巨額マネーが動いていることもみなさんご存知かと思います。

前回大会の決算書からですが、

経常収益は約28億7000万円にも上るそうで、
そのうち、参加費(ひとり1万800円)の合計は約4億4千万円で全体の15%ほどしかない。

収益の66%ほどを占めているのが、企業協賛金(約18億9000万円)だそうです!

「東京マラソン2016」を特別協賛したのは東京メトロ。

協賛には、山崎製パン、アシックスジャパン、大塚製薬、ビー・エム・ダブリューなど27社が名前を連ねてました。

協賛することにより、その企業は「東京マラソン」という名前を使い、商品やサービスをアピールすることができるそうです。
3万6000人ものランナーが出場する東京マラソンは、すべてのことが桁違い。

ランナーがレース中に補充する「給水」「給食」は、

スポーツドリンクが約46万2000杯!
水が約42万9000杯!
バナナが約9万6000本!
トマトが約7万個!

とスケールの大きな数字が並びます。

山崎製パンはというと、今回、約3万個の一口パンを「給食」として準備したそうです。

22卉賄世縫船腑灰僖鵝32km地点でアンパン。

ゴール地点の東京ビッグサイトには、レストランが少ないこともあり、力を使い果たしたランナーたちのエネルギーを補充すべく、フィニッシュ後に、山崎製パンの『ランチパック』が配られたそう。
配布される商品には、「完走記念」のシールが。

レース後には、ランナーたちの笑顔とともに、“完走パン”がSNSで拡散されそうでそうなるとPR効果が大きいですよね。


巨額の協賛金ですが、それだけ宣伝効果も大きい、ビッグイベントでした。

askulryoko at 15:17│Comments(0) 東京ベイ有明オフィス (江東区) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔