2016年02月

2016年02月29日

東京マラソン2016


昨日2月28日(日)、今回で10回目を迎える東京マラソンが開催されました。
http://www.marathon.tokyo/

出場者は3万6千人超。

1位〜3位は外国の選手で日本人ランナーは、

8位にヤクルトの高宮祐樹さん、
10位11位に青山学院大学の学生が入っていましたね。

新宿の都庁をスタートとし、

なんとゴールはこちら有明オフィスの真横、東京ビッグサイトでした!

日曜日ということもあり実際にゴールを見届けることは出来ませんでしたが、2/25(木)〜27(土)有明オフィスのビルの前には東京マラソンEXPOとして沢山のブースがセットされ、とても賑やかでした。

IMG_4510


今年は85の国と地域から6000人を超える人が参加し、主催者側は外国語で対応できるボランティア700人を配置したそうです。




この東京マラソンですが、とても大きなイベントです。

その裏では、巨額マネーが動いていることもみなさんご存知かと思います。

前回大会の決算書からですが、

経常収益は約28億7000万円にも上るそうで、
そのうち、参加費(ひとり1万800円)の合計は約4億4千万円で全体の15%ほどしかない。

収益の66%ほどを占めているのが、企業協賛金(約18億9000万円)だそうです!

「東京マラソン2016」を特別協賛したのは東京メトロ。

協賛には、山崎製パン、アシックスジャパン、大塚製薬、ビー・エム・ダブリューなど27社が名前を連ねてました。

協賛することにより、その企業は「東京マラソン」という名前を使い、商品やサービスをアピールすることができるそうです。
3万6000人ものランナーが出場する東京マラソンは、すべてのことが桁違い。

ランナーがレース中に補充する「給水」「給食」は、

スポーツドリンクが約46万2000杯!
水が約42万9000杯!
バナナが約9万6000本!
トマトが約7万個!

とスケールの大きな数字が並びます。

山崎製パンはというと、今回、約3万個の一口パンを「給食」として準備したそうです。

22卉賄世縫船腑灰僖鵝32km地点でアンパン。

ゴール地点の東京ビッグサイトには、レストランが少ないこともあり、力を使い果たしたランナーたちのエネルギーを補充すべく、フィニッシュ後に、山崎製パンの『ランチパック』が配られたそう。
配布される商品には、「完走記念」のシールが。

レース後には、ランナーたちの笑顔とともに、“完走パン”がSNSで拡散されそうでそうなるとPR効果が大きいですよね。


巨額の協賛金ですが、それだけ宣伝効果も大きい、ビッグイベントでした。

askulryoko at 15:17|PermalinkComments(0) 東京ベイ有明オフィス(江東区) 

2016年02月26日

博多和牛と糸島野菜

博多和牛と糸島野菜を絶景とともに楽しめるお店「風の邱(かぜのおか)」に行ってきました。
IMG_4802

場所は福岡市から西へ車でおよそ30分、糸島市の高級住宅街 南風台(みなかぜだい)にあります。

以前はフレンチのレストランだったようですが、昨年11月にリニューアルしてステーキがメインに。
まずは良質な堆肥で育った糸島野菜の新鮮なサラダを、笑顔輝くイケメンが取り分けてくれました。
IMG_4793

IMG_4795


そして糸島野菜とお肉の旨みたっぷりのポタージュスープを、自家製焼きたてパンと一緒に…食べたいところですが、美味しすぎて止まらないので後のことを考えて控えめに。
IMG_4796

悩んだ結果、ステーキとハンバーグを両方楽しめる「DUO(デュオ)」をチョイスしました。
IMG_4799

レアの状態から溶岩プレートにのせて自分好みに焼けます。
ジャポネソースはもちろん、塩昆布とも相性が良くて驚きました。
IMG_4800

ハンバーグにはブリスベンソースという白ワインとおしょうゆの絶品ソースをかけます。

最後のデザート3種は別腹です。
IMG_4801

正直、食べ始めてから夜景を眺めた記憶はありませんが、お店を出た後に改めて「贅沢な夕食だった〜」と満足感でいっぱいになり、帰りの車では爆睡でした。

糸島市にはこだわりの素材を活かしたカフェやレストランがたくさんあります。
自然が保護されているため海と山の魅力にあふれ、年々移住者が増加しているそうです。

<ステーキガーデン 風の邱>
住所:福岡県糸島市南風台8丁目2-1
電話番号:092-330-8800
平日 ランチ:11:00〜15:00 ディナー:17:00〜23:00
土・日・祝:11:00〜23:00
HP:http://www.kazenooka.jp/

askulryoko at 10:48|PermalinkComments(0) つばめオフィス(福岡) 

2016年02月24日

東京マリオットホテルの極上朝食

港オフィスからも電車ですぐの品川に、東京マリオットホテルがあります。
今回ご紹介するのは、ホテル内のレストラン、ラウンジ&ダイニング Gの朝食です。

基本的にビュッフェ形式で好きなものを取れるのですが、卵料理やワッフル等は注文後にテーブルまで運ばれます。
オムレツの中身も好きに選べるので楽しいです。
IMG_20160207_084622


ワッフルにはフルーツを添えて。
IMG_20160207_084617

生ハムやチーズなども様々な種類があり、つい迷ってしまいます。
スムージーやジュースも充実しています。私が選んだのはベリーのスムージー。イチゴやらラズベリーの酸味がさっぱりとしていて朝にぴったりの味でした。
IMG_20160207_082236


グリル系のおかずも多種類あります。ベーコンに焼きトマトの組み合わせはよく合います。
また、ホウレンソウの入ったキッシュが絶品でした。
IMG_20160207_084231
この他、和食やフォー(ベトナム麺)などもあるので、朝食はあっさりと済ませたい方にも満足いただけるのではと思います。

朝食を終え、レストランを後にする際には、テイクアウトの飲み物をサービスしてくれます。
レストランの名前の入ったカップもお洒落です。御殿山シティの緑の中で飲むのもいいですね。
IMG_20160207_095234

こちらのホテル、品川駅から歩いて20分ほどの御殿山トラストシティ内にありますが、駅から無料バスがでています。

また品川は、羽田空港から近いのも魅力の1つです。羽田空港からは、京急線にて品川駅まで、国内線ターミナルより最速16分、国際線ターミナルより最速13分と非常に短時間で移動することができます。

ご出張・ご旅行の際などにもおすすめです!

<東京マリオットホテル アクセス>
http://www.tokyo-marriott.com/guide/access.html

<東京マリオットホテル ブレックファスト>
http://www.tokyo-marriott.com/restaurants/g/dining/breakfast.html

askulryoko at 09:00|PermalinkComments(0) 港オフィス(港区) 

2016年02月22日

美登利寿司

美味しくてお手頃なお値段で食べられる「美登利寿司」。

いつもすごい行列でなかなか行けなかったんですが、先日行ってみました。

休日だったので、やはりすごい待ち時間でした…!


梅丘 寿司の美登利総本店
http://www.sushinomidori.co.jp/sh/index.html


お店に行って並ばなくても、インターネットから順番待ちの予約もできるんです。
ただ、こちら登録など色々しないといけないので、私は実際に銀座の店舗に足を運びました。


登録が面倒じゃない方はこちらから…
http://www.sushinomidori.co.jp/sh/epark.html


実際に行ってみると…
ディナーの時間をずらして16時頃いったのですが、すごい人。
入り口の周りには人だかりが。

IMG_4421


ただ、こちら行列はあまり関係ないんです。

というのも、こちらの画面でまず順番待ち登録をします。

IMG_4418

現在待ち組、62とあります。
そうなんです、私たちの前に62組も待ってる人たちがいるんです…!

出てきた券は218番。

IMG_4419

えぇーー!何時間待てば…いいの…
と思うと思いますが、
実際、こちらの機械(もしくはインターネット)から予約だけして、買い物などに行かれて、そのまま戻らない方も多いみたいです。

入り口のベンチで待っている間、ご案内の店員さんが○○番の方〜!と呼んでるのですが、いらっしゃらない方が多いんです。

呼ばれた時にいないとどんどん次の番号の方が呼ばれます。ただ、呼ばれてから30分以内に戻り店員さんに声をかければ入れてもらえるようです。
30分以降になると再登録になります。

ベンチでの待ち中、来ない人も多くてどんどん次が呼ばれていくので私たちは順番飛ばされるのが怖くてどこも行かずその場で待ってました。

暖かいお茶のご用意などもあります。


そして1時間半ほど待ち、やっと入れました!


とっても美味しくて、しかもそんなに高くありません!

201404_menu1_s

メニューはウェブサイトにもあるのですが、超特選にぎりで、2,000円。

FullSizeRender

茶わん蒸しとサラダつきです。

(おなかがすいていたのとやっと入れた喜びで写真を撮り忘れてしまいました・・)

つまみなども頼んで2人で8,000円くらい。

お酒を飲んで…ということであればもっといきそうですが、お食事に、ということであればお寿司でこれは安い!と思います。

是非みなさん、面倒でなければネットで予約をし、予約時間に行くという、スマートな方法で行ってみてはいかがでしょうか。


askulryoko at 14:20|PermalinkComments(0)

2016年02月19日

Sake brewery in Hakata

Greeting from Tsubame Office!

I would like to introduce sake brewery in Hakata, Fukuoka.
百年蔵外観2
Ishikura Brewery Hyakunengura
百年蔵外観3
Ishikura Brewery Hyakunengura is the ONLY sake brewery that remains in Hakata and is registered as Registered Tangible Cultural Properties.
It has been over 140 years with white earth walls and chimney made of brick.
百年蔵レンガの煙突


百年蔵解説パネル
For many sake brewers, February is the best time to open for their businesses.
Ishikura Brewery Hyakunengura in Hakata, among the rest, 11th February was an open day.
Usually the eve of the festival takes place the previous evening.
Here are the photos show you a look of the day.
百年蔵入口
We pay 300 yen for drink ticket− 5 bottle caps and a sake cup called Ochoko at entrance.
百年蔵入口2
They poured us a welcome drink. Marvelous!
百年蔵お猪口と猿
Amazake−sweet fermented rice drink
百年蔵甘酒


百年蔵着物の方
Follow the road, we could find rest area.
百年蔵飲食スペース
We could buy fish sausage, boiled dumplings, roast pork and Jamon Serrano as nibbles for drinks.
百年蔵LENTE
Finally, we could find sake tasting area!
百年蔵お酒つぎ2
They poured us a cup of sake to the brim in exchange for a bottle cap.
百年蔵お酒つぐ


百年蔵お猪口洗い
We can rinse Ochoko.

Sugidama
杉玉
A large green ball made of cedar branches show that the brewery has just started pressing sake made from the new rice harvest.
It goes brown as time goes by.
Please compare to Sugidama hanging outside sake brewers of the second photo.

We could buy sake, plum liquor, sweets called saka-manju, Japanese apricot and sake lees as a souvenir.
These are so Japanese like and definitely make a hit.
百年蔵お酒


百年蔵梅酒


百年蔵酒まんじゅう2


百年蔵梅の実


百年蔵酒粕
Nowadays sake is so expensive in China. Kubota−one of the famous sake in Japan costs 20,000 yen in China. Wow!
Two million yen is maximum to spend money in overseas for Chinese and naturally they expand their interests to experiences.
I am sure you like this spot and looking forward to seeing you there.

Happy Friday to all of you.

<Ishikura Brewery Hyakunengura>
http://www.ishikura-shuzou.co.jp/ (Website in Japanese)


askulryoko at 13:49|PermalinkComments(0) つばめオフィス(福岡) 

2016年02月17日

Modern Shrine in Traditional Area

Today's topic from Minato Office is ”Modern Shrine in Traditional Area”.

Akagi Shrine is located on top of Kagurazaka hills, which is very traditional district with geisha houses and fine dining restaurants.

IMG_20160207_114218

The Shinto shrine has been in Kagurazaka since 1555, the level of the shrine was raised in the 2010 rebuilding and now many people visit this modern, beautiful shrine to see this impressive stone stairs leading up the shrine building.

IMG_20160207_114257IMG_20160207_114339
IMG_20160207_114342IMG_20160207_114456

There is a cafe restaurant named “Akagi Cafe” in the precinct of the shrine. It is very hard to find these type of cafe restaurant in a precinct in Japan. This modern cafe serves meals include lunch and dinner at reasonable price with magnificent shrine view over the window. A glass of wine or beer would be perfect afternoon for you.
IMG_20160207_114354

Akagi Shrine hold hand-craft market named “Akagi Marche” twice a month.
There are many kind of hand-made shops such as drawing, accessary and foods.
It is really fun to look around and find hand-made items that you only get a chance to find there.
IMG_20151223_103245~2


Definitely worth visiting. I am sure you will have a blessing time.

Website (Japanese)
http://www.akagi-jinja.jp/access/
http://www.akagi-cafe.jp/
http://akagimarche.blogspot.jp/


askulryoko at 09:00|PermalinkComments(0) 港オフィス(港区) 

2016年02月15日

The hottest spot in Tokyo for foreigners

Greeting from Ariake office!
I hope you all had a great weekend!


Today's topic is ”the hottest spot for foreigners in Tokyo right now” and I would like to write in English.

I mean the hottest spot for Chinese, actually, since more than 50% of the visitors of this store is Chinese.

The hottest store is ”Laox”and it is located in Ginza.

IMG_4400

http://www.laox.co.jp/en/stores/ginza/
The website is built in six languages which shows foreigners from many countries visit here.

Every 15 minutes tour buses stop in front of Laox and many Chinese get in the store.
But I can reccomend it for foreigners came from other countries as well of course.


image1

This is the duty free store which provides everything!
cosmetics, home electronics, watches, souvenirs... etc...

Some staff wearing Kimono welcome warmly and the store is also modern and Japanese like, so this could be one of the sightseeing for foreigners.

IMG_4408

You can find anything you need at only this store, so it is great way for shopping in their busy itinerary.

IMG_4409

IMG_4410


And you will not be in trouble about languages because most of staff are multilingual.


IMG_4413

IMG_4412


The number of foreign visitors to Japan in 2015 was about 19 million and it is expected to exceed 30 million by coming 2010 olynpic year.

So now many duty free shops will be open in an increasingly competitive market.

askulryoko at 08:16|PermalinkComments(0) 東京ベイ有明オフィス(江東区) 

2016年02月12日

幸運を招くお猿さん

福岡では玄関に猿のお面が掛かっている家を見ることがあります。
IMG_9273

IMG_9275

それは今年が申年だからではありません。

「災難が去る(=猿)」と福が訪れる神社として昔から親しまれている、福岡市早良区の猿田彦神社で授与される「猿面」です。

博多人形の職人さんの手作りで、玄関に掛けることで外から入ってこようとする魔が去る(=猿)と言われ、また猿は木から「落ちない」ことから受験生が合格を祈願するそうです。

全国に2000社ほどの猿田彦大神を祀る神社がありますが、「猿面」はここだけ。

60日毎にめぐってくる「庚申(かのえさる)の日」のみ授与されるため、毎年初めの「初庚申祭」には早朝から多くの人が参拝に訪れます。
IMG_9277

今年の「初庚申祭」は2月8日でした。
IMG_5100

この日にしか販売されない縁起物「さるあめ」は、かわいかったり厳つかったりといろいろな猿の表情の飴で、おいしい黒糖味です。

猿田彦神社のウェブサイト: http://sarutahiko-fukuoka.jp

askulryoko at 10:54|PermalinkComments(0) つばめオフィス(福岡) 

2016年02月10日

歴年のデザインを無料で鑑賞

今回は、港オフィスの近辺にある、入場無料のデザインアートギャラリーを2つご紹介したいと思います。

まず1つ目はカレッタ汐留内のアド・ミュージアム東京です。

こちらは日本の広告発展に大きな功績を残した、電通4代目社長吉田秀雄の遺志を継承する目的で設立された財団によって運営されており、無料で歴年の広告やパッケージデザインを見ることができます。

内部は写真撮影禁止のため外観を。
IMG_20160206_144516

江戸時代の錦絵から、懐かしい広末涼子のiモードのポスターまで様々な広告を歴史順に見ていくことができます。

中でも私が気に入ったのは大正時代のマッチ箱のデザインです。タッチパネルを操作し非常に多くの種類のデザインを閲覧できるのですが、西洋的なデザインと和風なデザインがうまく調和した素敵なものが多く、いくら見ても飽きませんでした。

また、広告の歴史を主とした常設展のみならず、企画展も行っているので、何度目でも新鮮味があっていいでしょう。今回の企画展は広告賞を受賞した作品(ポスター・映像)で、とても楽しむことができました。


2つ目は、アド・ミュージアム東京から歩いて行ける距離にある、クリエーションギャラリーG8です。
こちらはリクルートが社会貢献活動の一環として運営しているギャラリーで、グラフィックデザインの展示等を同じく無料で鑑賞できるので、興味のある方ははしごすることをお勧めします。

今回の題目は「30年」。ギャラリーができた1985年から2015年までの展覧会を、ポスター、ブックデザイン、パッケージ、プロダクトなど、実際に展示された作品とあわせて振り返ることができる集大成的な展示会です。(2016年3月18日まで)
IMG_20160206_151257IMG_20160206_151311

お近くにいらっしゃる機会があれば、ぜひのぞいてみてください!

<アド・ミュージアム東京>
http://www.admt.jp/index.html

<クリエーションギャラリーG8>
http://rcc.recruit.co.jp/g8/


askulryoko at 09:00|PermalinkComments(0) 港オフィス(港区) 

2016年02月09日

R2-D2のポップコーン入れを買いに!

先週東京ディズニーランドへスターウォーズにでてくるR2−D2のポップコーン入れを買いにいきました

image
image

スター・ウォーズ/フォースの覚醒が映画上映当初はすぐ売り切れてしまって買うことができなかった為
再販されると聞いて買いにきてしまいました
購入するまでに15分ほど並びましたが無事ゲット



そしてディズニーといればこれです
買い食い(*^_^*)
チュロスはバニラ味
image
スノーギースまんはミートソース/サーモンクリーム/ストロベリークリーム/紫イモクリームの4つの味が楽しめました)
image
ミッキーのかたちのワッフルにバニラアイスをつけました!
image


アナと雪の女王のイベントがやっていたのでパレードもがっつり見てきました
image
image

こんな隠れも所どころに。。。
かわいい
image
キャストさんが書いていた絵が!すごい上手ですね!!
image


おみやげも買ってきました
image

今度はディズニーシーにいきたいと思っています

http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html









askulryoko at 15:00|PermalinkComments(0) 本社オフィス